So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

都心の紅葉は!?・・国会議事堂周辺(前庭公園)

紅葉は日増しに北から南へ、山から里へと降りてきていて「紅葉も便り」があちこちから聞こえてきています。
こうなると、我が身近の「紅葉名所」も、意外に早くやって来るかも知れない。
都心にもかつての大名屋敷などが、都へ寄進されていて公園となり、紅葉が手軽に楽しめる処がある。前頁(11/16)では、神宮外苑のイチョウ並木の今の状況を伝えてきた。
きょうは、国会議事堂周辺を散策してみた。ここには【議事堂前庭】という公園がある。
以前、春の桜の時に来た時、確かイチョウやカエデがたくさん有るので、秋もきれいだだろうと思っていた処である。ただ紅葉はまだこれからが彩に時季でしょうが、カエデ以外の落葉樹の色づいた葉がたくさん池に落ちていてきれいでした。
  そこで一句575:紅葉や 水面に浮かび なほも彩
IMG_0581.jpg
そんな池の畔にある楓モミジの早生物は、すでに真っ赤に色づきひとり秋を楽しんでいた。
  そこで一句575:早生もみじ 
燃えた一枝 人気どり

IMG_0576.jpg
またこの「前庭公園」は議事堂正面への道路の両側にあり、両公園を一周するようにイチョウの樹が植えられています。正面通りはこんな感じ!
・・だが「今は国会開催中・・頭にはあの”モリカ ケ疑惑” の言葉がこびりつく!」
  そこで一句575:心篭め イチョウも黄葉で 忖度か
IMG_0584.jpg

せっかく来たので、ベンチに座って皇居方面を傍観。
お堀に沿って走る内堀通りは、右往左往の車でいっぱいだ。
その先には桜田門見え、その右手の大きなアンテナのある辺りが警視庁・・という景勝の高台でもあり、テレビドラマの刑事物の撮影でもお馴染みのの場所である。
しかし、その先は有楽町周辺のビル街・・紅葉の景勝地とはいえません。
  そこで一句575:秋模様 都内の秋や そっけなし
IMG_0590.jpg
と、吐き捨ての言葉で締めてしまったオグリ君でした。

nice!(0)  コメント(0) 

神宮外苑のイチョウを見に行ってきました。

神宮外苑のイチョウ祭りは、明日11月17日から始まる。
だが、身の回りのイチョウの黄葉はいずれも満開!・・もしかして、今年は例年に比べて「紅葉時期」が早いのか?・・この週末は天気が崩れるという予報だ。
ということで「天気も良し!」一丁出掛けてみるかと、カメラ片手に出掛けてみた見た。
「青山1丁目」下車。青山通りを渋谷方面へ歩くこと5分程、外苑イチョウ並木へ!
でも「やはり早かったかな!」・・一部は黄色一色ではあるが、まだ早いようだった。
道路はホコ天になっていないので、人間と車が交じり合っている・・まずは入り口方面から、絵画館に向かっての「定番撮影」
  IMG_0560.jpg
つぎは、ここ「外苑独特の三角ぼうし型」ずばり撮ってみた。下ぶくれのユルキャラのようで、おもしろい格好だった!
  IMG_0566.jpg
つぎは、絵画館側から先ほど入ってきた青山通り側へ向けて、撮ってみた。
   そこで一句575:外苑に 黄色いぼうし 並ぶ秋
  IMG_0567.jpg
今日(11/16)現在、黄葉の状況は4~5分というところだろうか。
来週後半(秋分の日)頃は、きっと素晴らしい黄葉が楽しめるのではなかろうか!
そのころ、リベンジしてみたい。
尚、ここでも、この光景を写真を撮ったり、はしゃいだりして楽しんでいるのは、日本人よりもアジア系の外国人観光客多いようである。
  IMG_0568.jpg

このあとは【国会議事堂前庭】の公園へと場所を移しイチョウの黄葉を追ってみた。

nice!(0)  コメント(0) 

楓モミジも、紅葉し始めています!

北の国からは積雪の話題、関東の山間部でも初氷のニュースが聞かれ、各地の紅葉の名所ではすでに紅葉たけなわ!だが首都圏の紅葉は11月末から12月初旬というのが通例か!
と思いつつも、実際にはどんなだろう?と、近くの紅葉名所「東禅寺」「本土寺」のある「JR北小金駅」まで、午後からぶらりと出掛けてみました。
まずは東禅寺へ!(詳細はWeb松戸 東禅寺orこちらをClick)
参道を歩く。前方からカメラを持った人が何人かやってくる。なるほど・・一部ではあるが「仁王門」前の楓はこんなにきれいに色づいていた。仁王様もびっくりか!
  そこで一句575:仁王門 装う秋に 照れ笑い
IMG_0514.jpg
仁王門から三門の両側にもたくさんの楓はあるが、この辺はまだ色づいていません。
そして山門入口に、くねったような異様な形をした松ノ木があり、この木をからめての「紅葉風景」が絵になる所だ。この辺はもうこんなに赤く色づていて綺麗だった。
  そこで一句575:昇り龍 モミジに酔いて 頭(こうべ)下げ
IMG_0521.jpg
またそのすぐ隣には鐘楼がある。紅葉や桜の季節には、ここもツーショットのカメラポジションになる。ここも赤、黄、緑が入り混じり、とってもいい感じでした。
色づき始めたモミジも、ゴ~ン!となる「鐘の音」を聴きながら、のんびりと「秋の余生」を楽しんでいるかのようにもみえました。
  そこで一句575:鐘がなる 色づくモミジ 音に酔い
IMG_0530.jpg
また三門の反対側にはお堂があって、そのお堂の白壁と紅葉の赤がいい感じ!
  そこで一句575:白壁や 薄紅色に 染まる秋
IMG_0525.jpg

紅葉はまだまだと出かけ無精の吾!・・秋はそこまで来ていたのにはびっくり!でした。

nice!(0)  コメント(0) 

小さい秋見つけた!

まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。
ちょっと遠出した公園の傍にあった「溜池」のスケッチ!
誰もいないが、よく整備されている「溜池」があった。ベンチに座ってしばし傍観!
空には、秋の雲が白くたなびいていて、それが溜池にきれいに写っていた。
  そこで一句575:溜池に白雲写す 郷の秋
IMG_0536.jpg
また水辺には数羽の渡り鳥鴨が泳ぐ。あるものは寒風を避けてひと休み気持ちよさそう! と、思わずシャッターを切ってみた。
  そこで一句575:寒風避け 昼の一服 目もとろり!
IMG_0541.jpg
公園がある丘の手前には、ススキの銀穂があり風が吹くたびに揺れている。
  そこで一句575:からっ風 吹けば銀穂も踊りだし
IMG_0542.jpg

そんな光景の「小さな秋の一コマで」した。


nice!(0)  コメント(0) 

小さい秋見つけた!

首都圏での「イチョウの黄葉」で有名なのは「神宮外苑のイチョウ並木」だが、同並木の「今年の色づき」はどうなんだろう?・・イチョウ祭りは17日からと聞いている。
さて、そのイチョウの黄葉は、今 あちこちで色づき始めているようだ。
千葉県松戸市中央公園のイチョウの樹・・・こんなにきれいに色づいていました。
黄金色とはこんな色なんでしょうか?・・あまりにもいい色なので、木枯らしもその神々しさに負けてか避けて通るよう。落葉もまだちらほら! 
おかげで公園をネグラにしている小鳥たちにとっては「安住の場所」となる。
  そこで一句575:黄金かな 木枯らしも避け 鳥安住
IMG_0506.jpg
また、こちらも今が一番きれいなススキの銀穂だ!
澄み切った青空をバックに、これまた神々しく光り、やがて綿毛となって飛び立つ!
  そこで一句575:すすき熟れ わた毛飛べよと 風を待ち
IMG_0500a.jpg
またある者はどっしり構え、午後の陽ざしにふわふわ感の銀穂をなびかせていた。
  そこで一句575:風吹けば ふわりススキ穂 光り増し
IMG_0496a.jpg
いずれもこれからまだまだ楽しめそうですね。
そんな小さな秋を拾って、楽しんでいるオグリ君でした。

nice!(0)  コメント(0) 

今年の「ユーキャン・流行語大賞」ノミネート!

朝からスカッと晴れわたる一日。からっ風が吹く山並みがきれいだった。
今日の富士山は見えるものの、朝霞のせいかモヤっていたがこんな感じでした。
   DSCN9801.jpg11/12 AM8:35撮影
いま少しアップし、コントラストを上げてみましょう。
雪もかなり積もってきているようですね。ジクザクしているのは登山道でしょうか?
   DSCN9802.jpg 撮影上に同じ

ということで、今年も残すとろ50日を切ってしましました
年賀状も販売されています。
報道番組などでは「今年のXX大賞。XXベストテン」が、賑わう季節となりました。
そのトップを切ってユーキャン主催の「今年の流行語大賞 ノミネート30」が発表された。
   abc.jpg
詳しいことは、こちらをClickしてみてください。
今年は「安倍一強」が突っ走り、その強引さと「隠蔽」がひんしゅくをかった年。
政府がらみが、もっとたくさんノミネートかな?と思ったが、意外と少なかった。
きっと、主催者側が「政府に遠慮」しての配慮かもしれない。
そのトップ・・忖度(そんたく)」だが、臨時国会も始まり、さてどうなる?・・火が再燃するか、それともズタズタになり、まだ地盤の固まっていない野党共闘の資料不足に、またまた巨魚は網から逃げてしまうのか?
報道陣は、もしも「忖度」が大賞を獲得したら誰が授賞式に来るか・・そんなことに話題をもってうごめく。
さて、みなさんは、何が「大賞」なると思いますか???

nice!(0)  コメント(0) 

宮崎鶏でいっぱいやって来ました!

朝夕の冷え込みはさすがに11月。日一日と、厳しくなってきました。
JR松戸駅の近くの宮崎県の「じどっこ組合 松戸店宮崎地鶏をメーンにした居酒屋。
 (詳細はこちら)をClickしてきてください。
一度は入ってみたかったが一人ではちょっと・・ということで「家族3人」でと、話してみたら諸手で賛成。一杯飲むにはちょうどいい時節でもあった。
  IMG_2355.jpg
メーンは「じどっこ焼き」。調理時、鶏の油で火が高く燃えあがり黒焦げになるのが売り物らしい。それを「鍬」にのせて持ってくる・・地鶏のしこしこ感がまたいい食感と味を出している。
また宮崎と云えば、焼酎・・といわれてみると、品数も多くついつい手がでる。
そんなこんなで焼酎を飲みながら「馬刺し地鶏のレア」等九州味を楽しんで来ました。
  IMG_2338.jpg  IMG_2347.jpg
    じどっこ焼き              馬刺し
  IMG_2339.jpg  IMG_2357.jpg
        地鶏胸肉燻製サラダ          長いもおやき
・・・結構でした。

nice!(0)  コメント(0) 

身近の秋模様、見つけた!

日一日と寒さが身に染み、自然界はいつのまにか「秋から冬へ」と進み、「暖房器具」が恋しくなってきた今日この頃。晴れたり曇ったりの一日、近くの野辺を歩く。
つい先日まで稲穂が実っていた田んぼも、収穫し終えた稲の切り株から若芽が出、緑色の田圃に変身していた。
その田んぼ近くの畑の端には、食用だろうかひと塊の「菊の花」が咲いていた。
「Oh!きれい!」とばかり、近づき一枚パチリ!・・なにか侘しそうな顔にも見える。
  そこで一句575:食べ頃か 菊 吾見て侘し顔
IMG_3652.jpg
あっ、そうか「摘みに来たか」と思ったのかな?・・大丈夫よ! と早々立ち去る。
つぎに、お馴染みの江戸川土手へでる!
ちょうど雲間から午後の太陽が顔を出し、すすきの銀穂が輝いていた。
  そこで一句575:逆光に 揺れて輝く すすき原
IMG_3653.jpg
10月の台風洪水では首下まで水に浸かったが、みごと再生されている・・凄い生命力!
(その様子は、当Blog 10/23 こちらをClickしてみてください)
西の空は雲も少ないので、きょうは「夕陽も見られる」かな?と。

そして夕陽はこんなでした!・・太陽を隠した雲が、焦げだしたような異様な夕景だ!
  そこで一句575:冬茜 雲まで焦がす 快気炎
IMG_3648.jpg

富士山までは見えませんでしたが、明日も天気になあれ!と願うオグリ君でした。

nice!(0)  コメント(0) 

秋の川越を歩く(5)・・・蔵の街を散策!

前頁の続き・・川越・蔵の街を散策
まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。

川越城本丸御殿の後は、川越祭りの総本山「氷川神社」を参拝する。
この時期は七五三。両親や祖父母に手を引かれたお子さんたちが着飾りし、小さな手を合わせてお参りしている姿がみられます。

参拝後、私たちは「小江戸巡回バス」で「蔵の街」へと出る。
ここ蔵の街並みは何度となく来ているために、今回は小間物店や駄菓子屋さんの街並みを「覗きショッピング」主体に歩いてみた。
まずは川越蔵の街のシンボル「時の鐘」の傍で、その余韻を聴きながら昼食をとる。
時の鐘は、12時、15時、18時につかれるという。
  そこで一句575:秋深し 櫓音響く 蔵の街
IMG_0464.jpg
昼食後は蔵の街通りを抜けて、ぶら~りと散策。
平日と云うのにたくさんの人出だ・・耳を澄ませば、聴こえてくる言葉は「外国語」
ここも外国人観光客で一杯だが、街並みの老舗の看板には「芋」の字がにじんでいる。
  そこで一句575:老舗かな 歴史をつなぐ 芋の蔵
IMG_0481.jpg芋の字が権威か光っていた
お菓子横丁へ行っても、目立つはアジア系の外人さんと修学旅行の生徒さんだ。
みなさん「おふを膨らませた菓子棒」を持ちあるいは、駄菓子類を買っては食べ食べ歩き、はしゃいでいた。私たちも、ついツイつられて「同類項」。童心に返り、もぐもぐ口をうごかしながらの食べ歩き。
  そこで一句575:懐かしさ 覗き手に取る みかん飴
IMG_0485.jpg
最後に「蔵まんじゅう」と大きな暖簾の店に入る。おかみさんが「当店しか作っていない物」と説明・・ということで購入。人形焼きの様なもので、蔵の形をした「サツマイモ餡」の饅頭でした・・・納得!
  そこで一句575:蔵まんじゅう 口にほうばりゃ 芋の餡
IMG_0493.jpg
そんなこんなで「紅葉には、ちと早すぎました」が、丸一日ここ川越界隈をぶら~りと闊歩した一日でした・・・お疲れさまでした。

nice!(0)  コメント(2) 

今朝の富士山!

目まぐるしく変わる、秋の天気。一昨日の好天に代わって、昨日は一日中寒~い!曇天。
一夜明けた今朝はみごとな晴・・高気温は低く、冷たい風が吹いていた。
その寒い風の置きみやげか、東京の空越しに「富士山がかすかにうっすらと見えた!」
過日、富士冠雪のニュースがあり、また富士吉田市からは「雪化粧の富士」の便りが。
(詳細は当Blog10/26 こちらをClick)


あれからはシルエットの富士山は見られたものの、朝の富士山は見られず!
ガスがかりの「千葉県松戸市」のから見る富士山は、こんなに雪をかぶっていました。
  そこで一句575:雪の富士 秋から冬へ 急ぎ足
IMG_3637a.jpg  Am6:45 撮影
パソコンをONしたら、こんなにきれいな『今朝の朝焼の富士山画像』が載っていた!
  IMG_3640.JPG

nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | -