So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

今日は彼岸の入り!

秋の彼岸は9月23日をお中日と呼び、前後3日づつ7日あり、今日が初日で彼岸の入り
仏教の仕来たりで「御先祖様をうやまい、墓参りをしよう!」ということたらしい。
また近くのお寺を歩いてみたら、お線香のいい香りがしていて、お墓参りへ行き帰の人たちにも出あった。

さてそのお寺には、毎年このBlogでも紹介してきていますが、大きな萩の木が何本もあり、この時季にはきれいな花が咲いています。
今年はまだちょっと早かったのか、咲くには咲いていましたが、5分咲きほどでした。
  そこで一句575:境内を賑わす萩の 小花咲き
IMG_2584.jpg
最も萩は一斉に咲くのではなく、咲いては散り、散っては後からまた別の花が咲き、いつでも「大きな花の盛り合わせ」になっています。
  そこで一句575:散る花を 追ひて咲く花 萩の盛り
IMG_2578.jpg
そして散った花絨毯は風が吹くたびに、萩の木の「大きな房の葉」でふわりふわりと掃かれていくこともあり、何とも「のどかな光景」が見られます。
  そこで一句575:風吹けば 白萩ふわり 地面掃き
IMG_2579.jpg

来週あたりになると、もっとたくさんの花が咲き、また花が散ったあとの花絨毯がみられることでしょう・・きっと!  (明日から4~5日ほど、Blog更新は休みます)

nice!(0)  コメント(0) 

祖光院の彼岸花!

まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。

毎年楽しませていただいている「祖光院(松戸市金ヶ作)」の彼岸花。
今年は天候不順さらに台風18号の通過等もあり、出掛けるのに二の足を踏んでいた。
先週、当山を管理している会社のHPをみたら、まだこれからの様な情報画像だったので今日、出掛けてきましたが、実際にはもう峠越え。しかも例年に比べてイマイチ模様。
当山は境内の林の中の木陰一面に、彼岸花が咲いているのでとっても景観がいい!
お彼岸も近しという時節柄、絨毯を敷き詰めたような園内には来園者も多く、写真を撮ったり、語り合ったりと楽しんでいた。
  そこで一句575:曼珠沙華 仏迎えの 緋絨毯
DSCN9068.jpg
本殿近くに橙色の大きな花が咲いていた。変わった色だけに目立ち、入れ替わり立ち代わりと写真に収め「きれいだね!」と・・仏さまもきっと目を細めているのでは!
  そこで一句575:御仏や 彼岸黄花に 目を細め
DSCN9083.jpg
また、大きな彼岸花の園には「蝉しぐれ」が聴こえてくる。と、同時に秋の虫たちも負けずに鳴いていた。
  そこで一句575:紅白の花に囲まれ 秋の虫
DSCN9090.jpg

そんな古刹の広い境内に咲く、彼岸花をスケッチしてきました。

nice!(0)  コメント(0) 

一歩遅れて、広島カープがゴールテープを!

お待たせ!・・ 一昨日折角のお膳立ては逃してしまったものの、またソフトバンクに先を越された「広島カープ」が、甲子園で昨年に引き続き (9/16)セリーグのペナントを獲得し、緒方監督が大阪の夜空に舞う画像が報じられていた。
  hirosima.jpg

また、今日のスポーツ紙、一般紙は、大見出しで「広島連覇」をたたえていた。
  DSCN9054.jpg
市民球団ということで、資金面で苦労をしてきたがサポータ等の努力もあり、ここにきて巨大資金で運営されている球団にも引けをとらず立派な球団に成長し、優勝できることはファンでなくともうれしことだろう。
また今年は5月28日に首位に立ち、その後はぶっちぎりの首位はみごと!

nice!(0)  コメント(0) 

台風18号は去り、次は”政界に早期解散説”の大嵐が浮上、大慌て!

日本の南で、大きくカーブした大型で強い台風18号。
沖縄、鹿児島をはじめ九州全域、四国と上陸しその後列島を日本海に沿って縦断、更に今朝方北海道に再上陸・・各地に猛烈な雨を降らせて大きな被害をもたらした。
  IMG_2559.JPG
首都圏は幸いにも大きな被害はなかった模様でしたが、周辺でもピンポイント的には被害が出たようだ。
皆さんの地域はいかがでしたか!・・被災地の皆様には、お見舞いを申し上げます。
そして今朝はきれいに晴れあがり、水銀柱はどんどん急上昇!各地で33度以上が続出だ。
そしてこの時季ではめずらしい日本の富士山が、私たちの住む松戸市から遠望できました。
  そこで一句575:台風や 爪痕残し 去れば晴れ
DSCN9052.JPG

さて、一難去ってのこの後の台風発生状況はどうなんだろうか、心配だ!
気象予報士さんのお話だと「後続の発生は今のところ当分はない」ようだ・・安堵!
ところがだ、国内、政界には米国ハリケーン並みの巨大台風の目が発生しているようだ。
今日の各紙一面トップ『28日予定の臨時国会冒頭に、安倍首相が国会解散を打って出る』のでは、という大見出しが大きな話題となっている。
  IMG_2560.JPG
本来この臨時国会は「安倍首相がらみの『森友疑惑』『家計疑惑』『防衛相隠匿疑惑』を直接関係者から説明を得て疑惑を晴らす」ということで、野党側からの要請で開かれるのが趣旨であったはず。
ところが「それらはすべて置き去りにして、冒頭解散!」する。
野党第一党の民進党内がごたごた、小池がらみの新党も固まっていないうちに「撲殺してしまえ!」戦略が見え見えだ!
首相は口をすっぱくして『国民にはわかりやすく、丁寧に説明する』と何度も言ってきているが「その丁寧な説明の場」をもみ消して、果たして国民にどう答えるだろうか?

nice!(0)  コメント(0) 

パリ―グの覇者に「ソフトバンク!」

今年もプロ野球ペナントレースの争奪戦もいよいよ終盤!・・そんな季節なんですね!
セリーグは市民球団の地味な広島カープが早くから飛び出し、面白味を加えていた。そして早々にマジックを点灯だったのでしたが!
パリーグも一時は、僅差の白熱だったが、選手層の厚い「ソフトバンク」が抜け出す。
数日前には『59年ぶりのセパ同日優勝!』という文字が報道を踊ったが、ここ数日広島カープは「優勝寸前の緊張」でビビったか、足踏み状態。
9/15(土)ソフトバンクがお先にゴールイン! 18度のパ・ペナントを奪還。
昨年の屈辱を果たした工藤監督が所沢の夜空宙を舞った
  2017.jpg
また今日のスポーツ版は、「ソフトバンク」の優勝で賑わっていました。
  IMG_2556.jpg
一方「広島カープ」は台風18号の前哨戦と、今季最多の観客動員28年ぶりの地元優勝にかけた「対ヤクルト」戦。結果は周知の通り、後半緊張息切れか逆転負け!・・59年ぶり同時優勝と地元での優勝はお預け!
きょうは台風18号の通過で試合が危ぶまれていると、小さな見出しで新聞の片隅に!
となると、優勝戦は「甲子園」へと飛んで行ってしまう・・広島市民にとっては、たとえ優勝しても最悪のパターンとなるのかも!

nice!(0)  コメント(0) 

彼岸花咲く、小川の小路

首都圏の川はその大小にかかわらず、ほとんどの両岸がコンクリートでがっしりと固められている。しかし自然界の植物は、ちょっとでも隙間があると首を出す
此処スーパーマーケット近くを流れる小川。猫の額と云っては申しわけないが土の面があり、近くの花の好きな住民がその土地を借りてか、開墾して花を植えているようだ。
今の時期は、白と黄色の中間色の様なきれいな彼岸花が目だって咲いている。
  IMG_2497.jpg
ここには転落防止の金網柵が川沿いに施されていて、いったいどこから入り花の手入れするのだろう?と、思いつつ、彼岸花とその手入れの主に敬意を表してパチリ!
赤いヒガンバナと違い、この色だと花の雌しべも白色となり、「白ひげ」の輪がこれだけ揃うとまた壮観だ。そこに赤い花がアクセントとなり、いい雰囲気をかもし出す。
  そこで一句575:彼岸花 白き仲間に 紅を挿し
IMG_2495.jpg
先ほども言ったが、花をアップしてみると、そのピーンとのびた白ひげの輪が、今まで見てきた赤い彼岸花とは違った感触で水辺を飾っていた。
  そこで一句575:彼岸花 水辺を飾る 白ひげ
IMG_2496.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

台風18号で秋の花たちは、どうなるのだろう?

まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。
以前にも何度か当Blogで紹介してきていますが、江戸川河川敷の松戸市地区にある「お花畑」には、この時季地域ボランティアの方々が丹精込めて育てきたコスモスがたくさん咲いています。10月末には「コスモス祭り」が予定されています・・が、天気予報ではこの週末3連休あたりに、大型で強い台風が列島を縦断、関東地方も日曜日あたりは大荒れが予想されています。
河川敷ということで条件も悪い。大雨ならば水没も予想される。何事もなく通り過ぎてくれることを祈り、また最悪のことを考えて、一足先にもう一度見に行ってきた。
コスモスは、か弱そうな細い茎ではあるが「柳に風の如く」、以外の強く折れない!
  そこで一句575:秋桜 風に七転 八起かな
IMG_2452.jpg
とくにたくさんの茎が一堂に集まり、輪を持つと意外と共同力を発揮して強くなる。
  そこで一句575:コスモスや 群れで耐え抜く ど根性
IMG_2443.jpg
とはいうものの、予報士さんの予報通り「100㎜前後」の雨と大風が吹けば、一のみにされてしまいそうだ・・せっかくきれいに咲いてくれたのだから、そんなことのないよう祈ろう。そして月末には楽しい花まつりができることに期待しましょう。
  そこで一句575:そよそよと 秋風侘し 茎撓み
IMG_2448.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

北朝鮮のミサイル発射、覚め止まず!

物騒きわまる狂気の沙汰・・北朝鮮の暴挙は止まらない!
国連決議で世界中から非難されている中、今朝またもや北朝鮮は「ミサイル発射実験を敢行」、日本上空を通過して「襟裳岬の東2200キロ地点に着水」した!
一日の始まりの午前7時過ぎ、テレビ画面が突然黒い画面の「Jアラーム」に切り替わる。
『北朝鮮の弾道ミサイル発射!』の第一報が報じられた!
   IMG_2510a.jpg
何度も何度も繰り返される警報に、テレビの前にただずむ!
「6時57分ごろ、ピョンヤン付近からミサイルが発射された!」北海道付近を通過する予定、十分注意をするようにと連呼!
   IMG_2514a.jpg
その「警報」が連呼されている最中、第2報として「襟裳岬の東2200㌔周辺に着水!」。
まずはひと安心といった朝の物騒な出来事!
北海道付近の方であの大戦経験者にとっては空襲警報を思い起すものであったろう。
その後、次々と入ってくる情報・・大陸間弾道弾ICBMらしく飛行距離3700㌔
   IMG_2519a.jpg
前回8月29日の時は「米軍グァム」周辺に4発を打ち込む!」と豪語していた北朝鮮。
しかしさすがにそれはなく、今回と同様コースで短い距離(2700㌔)に着水していた。
その後の情報では、あれは失敗で「あの距離ではグアム島(3400㌔)には届かない!」と金正恩が激怒したとも伝えられた。その報復か今回は距離的にも「グァム島射程距離」はおろか、ハワイ島にもという見せしめだったのではなかろうか!
いずれにしても、万一有事になれば、世界を敵に回すことになる。
米大統領との骨肉の舌戦はやめにして、平和的解決に入ってくれることの願う。
きょう(9/15)の朝日新聞・政治漫画には、こんなのが載っていました。
   IMG_2512a.jpg(山田 紳・画)
         ユスリ・タカリで生きてきた国だぜ。
        こんな「飛び道具」を手放すとでも思うのかい?

nice!(0)  コメント(0) 

どうにも締まらない・・大相撲秋場所!

久々に本拠地国技館に帰って来た大相撲「秋場所」
東京の人たちも『四横綱揃い踏みや今盛りの若手力士の相撲』を見ようと楽しみにしていたはずだったが、いざ蓋を開けてみたら・・白鵬、稀勢の里、鶴竜の三横綱が初日から休場!大関高安も4日目から休場。一人横綱・日馬富士も2連敗で4日現在2勝2敗・・通算37個の「金星を献上」とか。
さらにカド番大関の照ノ富士も3連敗の1-3 まだまだ続く、期待の関脇御嶽海は1-3。嘉風は4連敗。幕内力士計7人がケガ休場とは!・・「どうのも止まらない!」というか「締まらない 秋場所
おかげでかつては大関まで昇進、優勝もしている琴奨菊・・にお鉢が回って来た。一昨日は横綱日馬富士を破りの4連勝と快進撃だ。
こんなときこそ「若手の期待力士」は頑張るチャンスでもある。『鬼の居ぬまの何とやら』優勝のチャンスだ・・と気を吐いているのが、白鵬も前々から気に留めているという前頭3・阿武咲(青森)」だ。居残り2大関陣、関脇、小結と役力士を連日撃破の4連勝・・まだまだ始まったばかりとは言え、役力士の不甲斐なさと、若手には優勝という恵まれた場所となる。

ところでどうしてこんなになってしまったのだろうか?
たしかに、昔に比べたら本場所も多いかもしれない。さらに地方巡業で「力士の日常生活と練習」が狂ってしまっていることは確かだろう・・地方巡業では、力士本来のパワーの源「四股」が出来ないと!悩みもあるようだが!

nice!(0)  コメント(0) 

野辺に咲く 彼岸花の季節!

前々回の当Blogで「いつの間にか、彼岸花が咲いていた!」と報じた。
確か「自然界はそんな季節なのかもしれない」「いつも咲いていた江戸川はどうかな?」と、ばかり訪ねてみた。
数日前は気がつかなかったが、こんな状況でウォーキングロードには、ぽつりぽつりと数百メートルにわたり咲いていて、散歩の方々の「和みの花」となっている。
  そこで一句575:曼珠沙華 野辺を彩り 赤く染め
IMG_2440.jpg
色々の角度から何枚か撮ってみる。今は曇天、この赤い花は青い空が生えるようだ。
しかし彼らは、真っ赤に咲いてその寂しさを盛り上げているよだ。
  そこで一句575:秋雨の 寂しい姿 朱で飾る
IMG_2465.jpg

夕暮れが近づいてきた! 夕陽が雲の薄いベールからのぞきだす。
シルエットで撮ってみた・・液晶で見た感じは、いい感じに見えたのだが!
家に帰ってきて画像を見たら、花が暗すぎて・・・! まあ!こんなものか!
  そこで一句575:彼岸花 夕暮れ飾る シルエット
IMG_2479.jpg
でもこんなチャンスは、なかなか巡り合えない。ということで善し悪しは別として、花を変え、角度を変えて数枚挑戦してきました。
IMG_2487.jpg夕陽尾を花の後ろへ

きょうは夕焼けがイマイチでしたが、我が腕ではこんなものでしょう・・か! 
また日を改め、チャンスがあれば「リベンジ」をしてみたい。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -