So-net無料ブログ作成
検索選択

目まぐるしく動いた政界でした!

首都圏は、曇り&晴れの天候ではあるが、夏の気温が戻って来た!
さて、昨夜から今日にかけて政界では大きな動きがあった!
稲田防衛大臣の進退については、きょう発表される「PKO日報隠ぺい問題等特別防衛監察」による結果を見てか、あれだけ固執していた本人が引責辞任を受理した。
今朝の新聞各紙の一面は、「稲田大臣辞任!」大見出しが躍った。

   そこで一句575:隠蔽の 陰に日向に夏(か)蝶 舞い
    IMG_1932.jpg
しかしその監察発表では、まったくの「曖昧さと分かりにくいセンテンスの文章、玉虫色の結果だった・・結論は、今までの国会答弁通り「大臣自らは聞いてないが、話の一部にそんな認識があったのかもしれない・・」
ということで、防衛省幹部の引責辞任、自らも退職処分でけりが着く。
本人も「日報を隠蔽する行為はしてないが引責辞任」すると発表、記者会見を行った。
  IMG_1921.jpg
安倍首相は、溺愛の友とも云われていた稲田氏をかばいきれずに辞表を受理、「私にも任命責任があり、責任を感じている」と立ち話会見ながら、謝罪されていた!
  IMG_1928.jpg

これからは8/1に予定されていた「閉会中審査]は、主役が辞任とあってその動向は不明。
また、8/3に予定されている「安倍内閣改造人事」・・はたしてこれで「手締め」。で、国民が納得、信頼されるのかは疑問だ。
来月早々には報道各社が「世論調査を発表」しくるだろう・・日本の政府大丈夫か!

こんな時にがんばって政権を奪還に意欲を示さなければならない「第一野党民進党」
その民進党では、先の都議選での敗退の責任をとって野田幹事長が辞任した。
そしたら、孤軍奮闘していた蓮舫党首が、突然辞任の驚きのニュースが流れた!
政治通の某解説者の談話では「内部の某大幹部が、幹事長候補の打診有れば断るよう電話根回をしたとか、しないとか」の内輪もめが聞こえてきている、ようだ。
こんなときこそ一致団結しなければいけないに、党首のか細い足を引っ張ってどうするのだろう・・「民進党は!」
結局、数日前まで予算委で「切れのいい質問」浴びせていた方も、党の陰に隠れ入っていくようなのか。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。