So-net無料ブログ作成
検索選択

春爛漫・・・ソメイヨシノが満開だ!

先週後半から、4月下旬ごろの暖かさが続いた首都圏。
最初はヒガンザクラなど追ってみたが、「桜の開花宣言」された後、あっというまにソメイヨシノが咲きだしました。
天気予報では明日(4/1)以降、天気が崩れる気配だ。
と、いうことで今日は久しぶりに東京下町の桜見物に行ってきました。
天気は一日中雲一つない快晴。気温の25度とか・・・暑いぐらいでした!

まずはお正月以来、久しぶりに東京スカイツリーへ!・・・桜など春の花とのコラボを求めて、あちこち歩きましたが、最近墨田区も人気高騰か、マンションが立ち並び、公園などに花があっても高層建屋にじゃまされ良いポイントが有りませんでした。

そんな中から、面白そうなものを! まずは三ツ目通りの道端で、パチリ! 
前景に白い花を入れたら、ネックレス姿のスカイツリーに見えました!

そこで一句575:良く似合う ネックリングの タワーさん
IMG_9534.jpg

更に業平橋の袂へ・・・といっても、今は埋め立てられて散策公園となっています。
花壇の植え込みにカメラを突っ込み、撮ってみた。
お花がスカイツリー(天柱)を担ぐ仕草にも見えました。

そこで一句575: パンジーや 天柱みんなで 担ごうか
IMG_9569.jpg

そんな小細工よりも、今の時期は、世界一の東京スカイツリーには桜が似合うハズ!
東京で桜の名所といったら、隅田川公園の桜ははずせません。
今回は墨田区内の旧水戸殿下屋敷が、墨田公園として整備され、たくさんの桜が植えられています。その辺から良さそうなところを3枚ほど張ってみました。

快晴の空を天を指す、東京スカイツリー。桜は最高の組み合わせです。
しかしながら、鉛筆を立てたような細くて長いタワー、世界一は高すぎて!

そこで一句575: 世界一 日本の桜が 良く似合い
IMG_9588.jpg

    天柱や 桜に巻かれて ほほ染めし
IMG_9597.jpg

もう一句: 天柱や 美人桜に 有頂天
IMG_9538a.jpg

なんて詠んでみました!・・・お粗末でした!
この後は、隅田川の桜を観て、浅草寺の伝法院を拝観してきました。


nice!(0)  コメント(0) 

春爛漫・・・水戸・弘道館の観梅へ

昨日のBlogの続き・・・3月28日(土)水戸偕楽園へ!

その後、これまた旧水戸藩 9代藩主徳川斉昭(烈公)が開設した弘道館へ行く。
弘道館は、幕末の藩政改革に力を注いだ9代藩主の斉昭(烈公)が、文武体制を強化する為に創建した藩で、JR水戸駅からあるいて10分弱。 かつての水戸城跡にある。
階段を登ると、かつて大手門跡周辺には、説明碑や銅像などとともに石造り大手橋が有り、橋の先が目的地【弘道館】である。
そこで一句575:平成や 梅咲く時期の大手橋
IMG_5506.jpg

橋の袂には、梅を愛したという烈公の銅像が、はるかを見据えるように立っていた。
そこで一句575: 烈公や 梅の香りで 未来読む
IMG_5502.jpg

そして敷地内の正面玄関を入ると、水戸っぽの士気を高めた【尊授】の掛け軸が!
そこで一句575:幕末を語る水戸藩 この二文字
IMG_5464.jpg

弘道館にもたくさんの梅の木が有ります。
先の偕楽園は梅園であるが、こちらは白壁やら建物とのコラボが素敵な所だ。
どこを見ても、その組み合わせは一幅の絵となり、フォトビューとなります。
そこで一句575: 白壁や 梅の古木が 良く似合い
IMG_5498.jpg

間数の多い広い木造の弘道館。
どの間にも幕末の水戸っぽ精神から明治維新の最後の将軍慶喜の息遣いが感じられます。
(詳細はWeb.弘道館HPをclickしてください)
そこで一句575: 烈公の 文武の姿勢 此処に有
IMG_5455.jpg

部屋の間のタタミには、何と『この門処が目にはいらぬか!』でお馴染みの葵紋が!
何んか、踏みしめていいものかどうか、迷ってしまいます。
そこで一句575: 梅かほる ヘリの御紋の のどかなり
IMG_5475.jpg

また、お庭を歩くと年代物の梅の古木がたくさんあり、咲いていました。
そんな中の一本に当主のお手植えか、【烈公梅が神々しく咲いていた。
そこで一句575: 激動の 幕末語る 烈公梅(れつこうばい)
IMG_5456.jpg
と、読んで見た。
この他にも、今の季節はサンシュユの花が、風にのってきていい香りを寄せている。
そこで一句575: 東風吹けば 庭の山茱萸も 過去偲び
IMG_5437.jpg

こちら弘道館の方の梅の花は、盛りを過ぎてきていました。
そいて、今週末から4月10日頃にかけては、今度はたくさんの桜の花で飾られます
正面玄関まえには、烈公の奥方お手植えの『左近の桜』一見に価値有ります。

最後にオグリ君のふる里茨城県の桜をちょっぴりPR!

今週末から4月中旬にかけて、昨日の偕楽園のお隣、常磐神社境内が桜でうずまり、また眼下の千波湖一周が桜・さくら・サクラとなります。
また隠れた名所、六地蔵のシダレはすばらしく、一見の価値があります。
詳細はWeb「水戸六地蔵の桜」等でcheckしてみてください。
またBlog(2013.4.1)付でも貼っています。こちらをclickしてみて下い

尚水戸から足を延ばして日立市かみね公園では今週末のさくら祭りに『風流物』が!
ちょっと変わった山車が見られます。
詳しくは日立観光物産協会Web(こちら)をcheckしてきてください


nice!(0)  コメント(0) 

水戸・偕楽園へ観梅に!

3月28日(土)水戸の偕楽園の観梅へ行ってきました。
えっ!・・・この時期に観梅ですか?。
確かに! 今の時期だと桜近し! 梅は遅いのでは?・・・でも満開でした

この時期の土日だけ開設される偕楽園臨時駅に電車が着くと、観梅客ぞろぞろ降り立つ。
臨時仮設駅だけに殺風景ですが、そこは水戸市ご自慢のきれい処【ミス梅の大使】が、ホームでお出迎え!・・・笑顔で色を添えていた。
そこで一句575: 臨時駅 梅の大使や 花添える
IMG_5411.jpg

坂道と階段を登り偕楽園の門をくぐると、一面に紅梅や白梅の園が広がっている。
若干、開花の峠を過ぎたものもあるが、まだまだ綺麗に咲いています。
この園は、烈公と称された水戸藩9代藩主徳川斉昭公が先駆けた梅園である。
眼下には千波湖を望み、斉昭公ご自慢の質素なお休み処、好文亭が有名である。

好文亭をバックにお馴染みの助さん格さんを従えたご老公様が、記念写真に応じています。さっそく私たちも1枚ぱちりと!・・・有難うございます。いい記念になりました。

そこで一句575: ご老公 きれい処と モテにもて
IMG_4703.jpg

また、このほかにも景観のいい場所には【ミス梅の大使】がお待ちかねで、写真のお供『お・も・て・な・し』をしてくれています。
そこで一句575: おもてなし 香りほのかな 梅大使
IMG_5339.jpg

園内には100品種、約1000本もの梅の木が、順次咲くよう植えられているようです。
これも梅花をこよなく愛し、また民と質素な生活で親しんだといい残されている水戸藩!
その烈公の精神が、引き継がれているのでしょうか。

そこで一句575: 烈公や 梅の香りに 民栄え
IMG_4725.jpg

また、園内には大きな竹山もあり、びっしりと孟宗竹が茂っていて壮観である。
その竹山の先には、江戸の昔から絶えることなく湧き出している【吐玉泉】(とぎょくせん)から、こんこんと湧き水が出ています。
現在は、私の故郷の町 常陸太田市・真弓山の大理石(寒水石)で造られた立派な泉盤から、こんこんと涌き出ています。
そこで一句575: こんこんと 江戸の湧き水 今に有り
IMG_5386a.jpg

また、広い梅園は平坦ですが、その端から見ると眼下には広大な梅園が見渡せます。
そこからの景観は、白梅紅梅が咲き乱れるような花曇りのような花景色

そこで一句575: 梅の雲 やがて酢つぱ味 今は花
IMG_4718.jpg

そんなきれいで楽しかった偕楽園での観梅の後は、水戸市内にある、これまた烈公が開設された藩校【弘道館】の梅を見に行きました(明日のお楽しみ)


nice!(0)  コメント(0) 

春爛漫・・・川辺の桜

過日もお伝えした、松戸競輪場前を流れている新坂川
その下流にはコヒガンザクラがあり今は満開。競輪場帰りの人も足を止め眺めていく。
競輪でふところがホカホカな人。川面を覗けば、そこはさくら色!

そこで一句575: 三姉妹 川面に映る さくら色
IMG_6207.jpg

はたまたすってん空りん、頭を叩いた人は・・・文明開化のいい音ではなく、「しまった!」という鈍い音かも!・・・さくらの樹の先端はなぜかザン切りでした!

そこで一句575: ザン切りの 花を叩けば ポンと音
IMG_6214.jpg

そしてこちらは、いつものんびりとした優雅な川の鯉
水面すれすれにまでに下がったさくらに飛びついて、花の蜜でも食べたいな!とばかり、ザブンと飛び跳ねての観桜、か!・・・まさに我が世の春!

そこで一句575: 下り花 鯉の飛び跳ね 桜観る
IMG_6216.jpg

そんな、春本番の一コマでした。


nice!(0)  コメント(0) 

春爛漫・・・東禅寺のシダレ桜満開!

毎年、当Blogでお伝えしている東禅寺(千葉県松戸市)のシダレ桜が今年も咲いてます。
樹齢300年以上とも云われる古木で、添木が入り支えられていますが、今年も元気できれいに咲いていました。(3月26日現在)
そこで一句575: 歴史かな 桜くねりに 三百年
IMG_6179.jpg3/26撮影

300年余の桜人生を踏んできていますが、明るいその笑顔が青空に冴えわたり、とても美しいく見えてます!
そこで一句575: 初桜 今年も元気 皆に見せ
IMG_6184.jpg3/26撮影

そのシダレザクラの奥にあるご本殿も、花がつくってくれた御簾(ミス)越しに、さぞやうっとりと春を楽しんでいることでしょう。
そこで一句575: 花の御簾 本尊様も つい見とれ
IMG_6185.jpg3/26撮影

東禅寺については、Web【東禅寺】をクリックしてみて下さい。
四季折々の花の寺が、紹介されています。


nice!(0)  コメント(0) 

春爛漫・・・されど、風邪冷たし!

昨日も伝えたが、あちこちのコヒガンザクラなど早咲きの桜は、7分咲き位で咲き始めている。されど、ここに来て寒さがぶり返し、足踏み状態か!

そこで一句575: 風寒し かほる桜は 春を待つ
IMG_6162.jpg

その桜の近くには、冬本番にも強いボケの花が咲いていた。
・・・ネーミングはあまり良くないが、漢字では「木瓜」と書くようだ。
が、真っ赤や白、淡麗なものなどが、この時期でもシャキッとしていて感じがいい。

そこで一句575: 陽春や 青空に任せ ボケが咲く
IMG_6169.jpg

そんな花が咲く、陽だまりを一周してきました。


nice!(0)  コメント(0) 

春爛漫・・・近し侯!

お彼岸もきょうで終わり!
ここ2日ほど、やけに風が強い。しかも冷たい風が吹く。
しかし、我が身の周辺を歩いてみると、確実に春の息吹が見え隠れしている。
ロウバイと紅梅が咲き、それを追い白梅も咲く。そしてその順序で散っていく春先!

そしてそのお次は、お待ちかねの日本の桜の季節がってきます。
一般に桜と云えば【ソメイヨシノ】を指すのが、通例の様。
一昨日でしたか、気象庁は東京に『桜の開花」を宣言した。
あと1週間も過ぎると、みごとな桜が東京周辺のあちこちでみられることだろう。
桜が咲けば、これ本物の本格的な春模様だ!

おっとその前に。早咲きのヒガンザクラやシダレ桜が、すでに咲いています。
松戸市にある戸定邸
当Blogで何度も紹介していますが通称、水戸殿とよばれていた水戸藩最後の藩主だった徳川斉昭の別邸(戸定邸)が松戸市にあり、ここのシダレ桜が咲き始めています。
昨日撮った画像ですが、6~7分咲き。今週末が見ごろじゃないでしょうか。

そこで一句575: 初桜 旧別邸も 春近し
IMG_5315a.jpg

もう一句 : 真心の もてなしのせて 初桜
IMG_5312a.jpg

皆さんも桜を求めてご旅行やらお花見やらと企画を練っていることでしょうか!


nice!(0)  コメント(0) 

菜の花を観に!

春を呼ぶ花、菜の花の群生を見に行ってきました。
場所は、江戸川に架かるJR武蔵野線鉄橋の上流の所。
江戸川を挟んで千葉県流山市と埼玉県三郷市が競ったように名の花を咲かせています。
その数、お互いに数キロにわたって、菜の花ロードになっています。
今までは、流鉄流山線を利用して流山の方ばかりでしたが、今回はJR武蔵野線を使って三郷駅側の菜の花ロードを1時間ほど散策してきました。
天候は快晴でしたが、風が冷たく体感温度はかなりきつかった!

三郷駅からだと江戸川土手まで数分
江戸川土手に登ると、そこは菜の花の楽園が延々と続きます。
目の前をツバメがすーと飛んできて、大きく宙に舞った! Oh!今年初めてだ!

そこで一句575: 初燕 花咲く野辺で 宙に舞う
IMG_5263a.jpg

快晴の大空には、かん高い声でヒバリが囀っていた!
その囀り声と共にどんどんどんと高く昇っていく。そして急降下、見ていると面白い。
ヒバリは自分の巣の所には降りてこないという。必ず数メートル離れたところに降下してから、巣に近づく習性を持っているといわれている。
この素晴らしい菜の花の苑のどこかに、愛の巣があるのだどうか。

そこで一句575:揚げ雲雀 金のベールに 妻子待つ
IMG_5286a.jpg

また、”花には蝶”という言葉があるが、モンキチョウが飛んできて舞い始めた。
あまりにも菜の花が多すぎ、止まって蜜を吸うのを忘れたか! ひらひらと舞う
黄色い菜の花に、黄色い蝶のコラボ・・・を、しばしぼんやりと眺めていた。

そこで一句575: モンキチョウ 何処へ止まろか 迷い花
IMG_5274a.jpg

きょうは風が強かった。
菜の花の丸いぼんぼを写真に撮ろうとすると、風にゆらゆら揺れて撮りにくい。
その姿は、劇場ライブのペンライトにも似ていた。
そこで一句575: 風吹けば 右に左と ペンライト
IMG_5259a.jpg

なんて漠然と詠んで見ました! (すべての撮影:2015.3.24)


nice!(0)  コメント(0) 

春本番・・・桜の開花宣言、土筆を見つけた!

この時期のお天気の急変には、驚かされます!
朝方はスカッと晴れわたり、気持ちもワクワク!
東京始め、横浜、岐阜などでは、桜の開花宣言がなされた・・・そうだ!
しかし、昼過ぎには予報通りか、春時雨!・・・慌てて、ふとんを込む始末。

いつもの散歩コースの土手で、土筆を発見!
この時期では、もう珍しくないのかも知らないが、私にとっては初物でした。

そこで一句575: 初筆や 描いてみたい コブシ花
IMG_6147a.jpg

何んて、ロマンチックにはなりましたが、実は絵を描くのは苦手でして!
・・・えっヘヘ!


nice!(0)  コメント(0) 

初桜を観ました!

秋の彼岸のころ『暑さ寒さも彼岸まで』といわれますが、春の彼岸もその頃からめっきり『春の兆し』となるようだ。
だが春の場合は三寒四温・・・寒さが急にぶり返すから、気を緩めてはいけない。

さて過日、当Blog.で、坂川の河津桜とメジロをお伝えした。もう春なんだなぁ~!
きょうは、さくら情報の第2弾! ・・・ 松戸競輪場前の新坂川。
その下流の川沿いにあるのはヒガンザクラでしょうか。いつも一番早く咲く。
まだ早いかな?と思いしや、行ってみたらもう咲き始めていました・・・初桜だ!

全体的にはまだ3~4分咲きというところだが、その初桜に関する句を3首程!

その1:川辺に垂れさがる桜は、蕾がびっしりとついていた。あと数日で満開か!
     彼岸過ぎ 今年も咲きし 初桜
IMG_6149a.jpg

その2: 一本の樹でも、上の方は大空に向かって、かなり咲き誇っていた!
      大空を 覆うが如し 初桜
IMG_6158b.jpg

その3:そして夕暮れ時の太陽が傾き、対岸をバックに映えた初桜。屏風絵の如し!
     夕暮れや 錦絵風情の 初桜
IMG_6155a.jpg

あと数日で満開!・・・そんな春爛漫を、またお届けで出来るでしょう。
(撮影日;いずれも3月22日)


nice!(0)  コメント(0)