So-net無料ブログ作成

GW・・・まぐろの街、三崎へ行ってきました!

GWがはじまっています。
我が家でも子供らもまじえて、毎年家族そろって日帰りの小旅行をしている。
今回は京浜急行が発行する三崎のまぐろを食べに行こうの旅へ出かけてきた。
品川駅から三浦半島を周るもので、三崎口までの電車代とその周辺のバス乗り降り自由券『まぐろ食事券、レジャー施設入場券(またはお土産券)』がついていて、3060円という超お得きっぷだ。

三崎港まで特急また特快で約1時間で三崎口駅到着。
まずは油壷マリーンパークへ。クーポン券で入場でき大きなサメの口がお出迎え!
みんなで記念撮影したりして、一句575

    大連休 大きな口が お出迎え
IMG_5020.jpg

館内には、近海に住むという珍しい魚や生物、またそれらの生態が陳列されている。
特に気を引いたのは、カサゴ系の白い魚だ。
何年ぐらい前になるだろうか、歌手のジュデイオングさんを思い出す!

そこで一句575:魅せられて』ジュデイもどきの カサゴかな
IMG_0163.jpg

IMG_5802.jpg
この画像(女が左上を眺めているように見えませんか???)

また、クサフグが悠然と寄って来た。なにか春先のようにボケッとし、悠々遊泳だ!

そこで一句575: 水ぬるみ 眠気も増すか 与太の顔
IMG_0170.jpg

さらに進むと暗がりに、異様な物体が!・・・シャークだ。
そこで一句575: 口開けりゃ 身の毛もよだつ ツラ構え
IMG_0160.jpg

さらに2階へと上がれば、そこは360度の回遊水槽が有り、巨大サメや大きなエイ、まぐろやたくさんのタイや近海の魚が群遊泳している・・・壮観だ!
ここでは巨大サメと、一般にお魚が共食いもなく楽しく泳いでいる平和な暮らしだ!

そこで一句575: 水槽や チビとデカとが むつまじく
IMG_0211.jpg

とはいうもののやはりサメは大魔神。ゆうゆう、そこのけ・そこのけと泳いでた。

そこで一句575: そこのけと ギャングの行く手 のどか哉
IMG_0176.jpg

そんな魚たちの日常生活を見てのあとは、屋外へ。
イベント時間にはちょっと間が悪く、ショーは見られませんでしたが、アシカ島やペンギン島では、みんな元気よく遊泳していた。
そのアシカが連休の合い間をぬって一休み。親子なのかカップルなのかはわかりませんでしたが、寄り添ってのしぐさが、とっても可愛らしかった。

そこで一句575: 疲れたビー 連休狭間の ひと休み
IMG_0230.jpgこの寝姿、いかが?

また、海をバックのこの空間。
今日は曇り空でしたが、真っ青な空間だとすばらしい景観になってくれることでしょう。
そんな真夏を、三浦半島は早く来いよと待っています!

そこで一句575: 油壷 シーパラダイスの 夏を待つ
IMG_0191.jpg

このあとは『三崎漁港』、マグロの街を訪ねます。


nice!(0)  コメント(0) 

今日からゴールデンウィーク、始まりました!

春のお楽しみのひとつ、ゴールデンウィークがはじまりました!
明日30日に休暇をとり、1日のメーデーを休める人は、8日間の休日となる。
良い時代になりましたね。
昭和のおじさんたちにもGWはあったが、休暇を取ろうにも何かと目線をちらちら見ながら!・・・いまは堂々とその権利を使えるよう・・・結構です!

だが、その大型連休をうまく使えないで、我が家でゴロゴロスタイルも多いのでは!
かつては連休も少なく、それをうまく利用しようという人が、多かった。
今はいつでも行けるから、混む時に高い宿泊代を払って出かけずに、『平日に休暇を取り安くでかける!」といったちゃっかり屋が多いのかも・・・それまた大いに結構!

とはいえ、折角のお休みだ。家でゴロゴロばかりしていないで、薫風にあたってきましょう!・・・なんて偉そうなことを言ってみました。
遠くへ行くばかりが能ではない!・・近くの公園では今、藤の花が咲いています。
そんな光景を一枚撮ってみた。
そこで一句575: 藤も咲き 初夏の香りも 日ごと増し
IMG_6756.JPG

家族で、お友だち動物園へ行くもよし。また東京スカイツリーから浅草を歩くもいいでしょう。
オグリ君のお勧めは、動物園だ! 動物を見ていると、癒されます。
上野動物園の白熊くんをぜひ見てください。
IMG_8764.jpg

今年の2月にみた、しろくまくんのBlog(2/8)付を再度貼ってみます!
こちらをclickしてみて下さい!


nice!(0)  コメント(0) 

真夏日が続きます!

急に狂ったような暑い日が続く
無理もありません。明日からお楽しみのゴールデンウィークが始まる侯だ。
いつものウォーキングロードをあるいてみた・・・あれぇ! 水辺にいた渡りの鳥たちも、いつの間にかいなくなっていた・・・あと一週間ほどで夏至にまる侯。

折角来たのだからと、変わり映えのしない野鳥を撮ってみた
まずはこれ! カラス(烏)だ。
スズメと並んで、これほどポピュラーな鳥もいないだろう。しかし、我が手元の電子辞典を引いて見ても、これほど憎まれ、嫌われている野鳥もまずない! ワースト1だ!
その歴史は古く、万葉の歌にも詠まれているようだ。

そこで一句575:『ガー』と啼きゃ 若葉も恐る 曲者か
DSCN0109.jpg
しかし、よく見ると愛らしい目をしています。

そして、これもまた最近では『街中での嫌われ者の野鳥』代名詞になっているのが
ムクドリだ。
秋口には、大群で押しかけてきて木の実などを根こそぎ食べつくす・・・瀑食い!
そして、明るい街中の街路樹へや並木へ大集団で押しかけての、ねぐら!
夜中まで『ギャーギャー』そして容赦ない『糞害』に、町内会や自治体も手を焼く。

そこで一句575: あの顔で 並木荒しか 害鳥か
DSCN0093.jpg

こちらは、春を告げる『おしゃべり囀り』の代名詞、ひばりだ!
春から初夏にかけて、草むらに巣をつくる。
ぴーちく・ぱーちくと天空でホバリングする『揚げ雲雀』は、今の時季の風物詩だ。
そして急降下する『落ち雲雀』・・・必ず巣から離れた場所に降りて、駆け足で巣に近寄る気づかいの周到さ!で知られている。
そこで一句575: 落ち雲雀 何かをくわえ チョロ走り
DSCN0103.jpg

でも、悪ガキの鳥たちも、ゆっくりと観察してみると、とてもかわいいですよね!


nice!(0)  コメント(0) 

各地で夏日・・・暑い!

今年の天候、気候はどうなっているのだろう!
4月の前半は、春の花が例年よりも早めに咲き始めた。が、そんな中に寒さのぶり返しや日照りが少なく暑かったり急冷陽気で、体調管理にもテンヤワンヤ!
そして今日、列島のあちこち特に北海道や東北では、30度を越す所も出る夏本番だ!

さて、東京での学問の神様で親しまれている湯島天神
1月から3月初旬にかけての人出は、押すな押すなの大盛況でしたね。
しかし、今行ってみると受験戦争も終了で、参拝者も一服といった感じでした!

そこで一句575: 風薫りゃ 天神さまも 人まばら
IMG_6735.jpg4/26撮影

また、本殿の前にある撫で牛。合格祈願に『縁あり!』ということもあり、行列で撫でられ頭部などはピカピカと輝いていた。
この時期は、春先の受験期の大きな夢も終わったせいか触る気配もなく、ひと休み。

そこで一句575: 春の夢 モテた撫で牛 いと疲れ
IMG_6734.jpg4/26撮影

そして、本殿を取り囲むよう、膨れ上がっていた『合格祈願の絵馬』の山も、そのほとんどがかたずけられすっきりしていた。
またチョッとゆるめの参道坂の『女坂』。今はそこを上り下りする人影もまばらだ。

そこで一句575: 受験済み 女の坂道 影もなし
IMG_6739.jpg4/26撮影

天神さまも大役を終えて、年末まではゆっくりと、くつろげることでしょう!


nice!(1)  コメント(0) 

上野界隈を散策

4月最後の日曜日は、初夏の陽気でした。
上野界隈をぶらりと散歩してみた。不忍池のハスは、きれいに刈り取られていた。

ここで越冬をしていたカモ達も、北国へ帰っていったかその数が少なくなっていた。
池の水も、かなりぬるんできています。
この子も、もうすぐ帰るのだろうか?・・・今はのんびりとし鋭気を養って下準備か!
でも、このキンクロハジロって!冠羽がとってもかわいいよね!

そこで一句575: 水ぬるみ 冠羽逆立て 旅立か
IMG_6512a.jpg

また池の中程では、アオサギだろうか。首を伸ばしては、何かを求めているよう!
そこで一句575: 水ぬるみ 顔をかち上げ 魚探し
IMG_6722.jpg

そんな光景を眺めながら、隣りの池を覗きながら、のたりのたりと散策していく。
きょうは初夏の様な陽気のせいか、ボートに乗って遊ぶ、たくさんの家族連れやカップルで賑わっていた。
そこで一句575: 風薫る スワンボートも のたりかな
IMG_6499a.jpg

そんな、上野界隈をスケッチしてきました。


nice!(0)  コメント(2) 

吉祥寺の牡丹が見ごろです!

松戸市根本にある、根本山・吉祥寺。その門前に、小さなぼたんの花壇がある。
毎年、大輪のきれいな花が咲いています。
今頃ならまだ大丈夫かな!と思いつつ、出掛けてみました!・・・見事な牡丹の花が咲いていて、ほんのりとした香りが漂っていた!

そこで一句575: 門前を 香りでなぜる 牡丹かな
IMG_6706.jpg

猫の額ほどと云っては大変失礼ですが、ちょっとしたスペースを利用し咲かせています。
手入れがいいせいでしょうが、きれいに咲いていて、とってもきれいです。
この分だと、チョウチョや蜂たちも、たくさん来てくれることでしょう。

そんな思いをこめて一句575:牡丹咲き チョウよ蜂にと モテにもて
IMG_6708.jpg

山椒の如く『小粒ながらピリリと!』・・・結構な牡丹の花壇でした。
また、境内内にある真っ白の牡丹・・・牡丹の花は昔から『美人の代名詞』・・・見ていると、なぜか吸い込まれるよう・・・そんな気のする、純白だ!

そこで一句575: 白牡丹 美の花びらへ 吸い込まれ
IMG_6719.jpg
チョッと意味不明の様な気がしますが、兎に角あまりの真っ白に、しばしの間じっと見つめてしまった、純白の五反の大輪でした。

【吉祥寺】はJR松戸駅(西口)をでて徒歩約5分、スーパーダイエーの近くにあります。


nice!(0)  コメント(0) 

根津神社のツツジが見ごろです!

今年(2015)も、各地でツツジが咲き始め【つつじ祭り】が開催されています。
東京でツツジの名所と云えば、まずは根津神社があげられます。
その根津神社のツツジが岡へいってきました。
平日というのに大変な混雑ぶり、さすがは都心部にあるツツジの名所である。

下から見るもよし、入園料を払って上から見ると、さらにきれいだ。
今の時季は、6~8分咲きといったところか。
新芽の緑とのコントラストとがあり、斜面が「花一色の満開」よりもきれいである。

そこで一句575: 段々に 初夏を添えるは ツツジ哉
IMG_6686.jpg

また、周りの木立も、年に一度の子供たちの晴れ姿に目を細めている様子だ!

そこで一句575: 杜の樹も 多彩ツツジに 目を細め
IMG_4999.jpg

周りの参観者のあちこちからも、『きれいだね!』が連発・・・カメラに収めている。
全景を撮る人、スマホを近づけてアップで撮る人・・・まちまちだ!
・・・ということで、我らもお互いに撮ったり撮られたりのハイ・ポーズ姿!で満喫。
近景の一枚が、これ!・・・何か、お猪口(オチョコ)に似ていた!

そこで一句575: お猪口かな 笑うツツジの つつましさ
IMG_6678.jpg

そしてまた、真っ白の盛り花は、優雅なウエディングドレスにも似ていた。

そこで一句575: 白ツツジ 紅を配して ウエディング
IMG_6699.jpg

このつつじが岡にの奥にはお稲荷さんの社があり、そこへ通ずる稲荷鳥居がある。
商売繁盛を願う赤い鳥居と、ツツジとのコラボレーションが、またすてきだ。

そこで一句575: 連鳥居 繁盛願う 小路かな
IMG_5731.jpg

明日からの週末は、今日以上にたくさんの人出賑わうことでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

郭沫若記念館の芝桜を観る!

昨日にひき続き、好天に恵まれた今日(4/23)
千葉県市川市にある郭沫若記念館の【芝桜の園】を見に行ってきました。
実は昨年のちょうど今ごろ、ひょんなことからこの近くの場所に行き、素晴らしい情景に合うことができました。
さっそく写真に撮り、我が家へ持ち帰ったところ、内のカミさんが『来年はぜひ行ってみたい』という希望があり、きょう二人で出かけてきました。

天気は最高! 勇んで現地へとでかけました。が、昨年との格段の違いにショボーン!
今年は春花の開花が皆、例年に比べて早く、芝桜もまた早かったらしく すでに峠越え!
それと、この長雨による日照り不足で、例年に比べて花の色が悪いとのことだ。

まあ、遠くから良い所だけを写せば、このようにきれいに見えます。
しかし、全体の芝ざくらは『ご機嫌ななめ』らしく、色あいが悪い。

そこで一句575: 天気良し されど主役は 色悪しき
IMG_4969.jpg

近づいてみれば、この通り!
そこで一句575:  芝桜 天候不順で 色冴えず
IMG_5694.jpg
なんて、詠んで見ました・・・まあ、ちょっと時季が遅いせいも、あるのでしょうが!

ということで、昨年見てきたものの当Blogを『ほじくりり返して』みました。
比較してみて下さい。こちら【オグリ君Blog,2014.4.24】をclickねがいます。

チョッと、しょぼんとなりながらの帰り道、初夏の花の代名詞、藤の花が咲いた樹木を発見しました。
そこで一句575: 藤の花 四月の空に 香り蒔き
IMG_4981.jpg
と、いうことで終わり良し、結構な一日でした。

なお、記念館のかつての主 郭沫若氏とは、中国の文学者で歴史家、現在は危険な位冷え切ってしまっている日中関係。その『日中国交の架け橋』として活躍された方せある。
詳細は、Web『市川氏 郭沫若記念館』等でcheckしてください。


nice!(0)  コメント(0) 

西新井大師の牡丹が満開、見ごろです!

今週やっと天気!・・・と、云った感じの今日(4/22)。
各地からは、春から初夏にかけた『花だより』が聞こえてくるが、天候がイマイチ。
出かけるのに二の足を踏むこの頃だが今日は朝から晴れわたる。

天気予報では『今日はいい天気で暖かな一日!』と、いうことで行ってきました。
毎年見せて頂いている東京足立区にある、西新井大師【牡丹園】
Oh~!今が最高の花模様に感激。赤や白、ぼたん色。大輪がびっしりと咲いていた。

さっそく一句575: お祭りか 牡丹談議に 花も咲く
IMG_0006.jpg

ピンク色のきれいな三姉妹。いずれも劣らぬ美人牡丹ばかりだ!
ましてや、小雨でも降り注がれたら、色気が増すお年頃!

そこで一句575:シャワー雨 牡丹姉妹も心地よし
IMG_0010.jpg

またそのピンクの花に近づくと、ほんのりいい香りがする。
そこで一句575: ほほ寄せりゃ かほる牡丹にとろけそう
IMG_0013.jpg

来演されたみなさんは、きれいに咲き誇る牡丹の花にシャッターをパチパチ!
中にはいずれかの絵画クラブのメンバーか? 花の前に座りこみデッサンをしていた。
曰く『牡丹色を出すのが難しい!』とか。・・・なるほど!

そこで一句575: 写生かな 色彩泣かせの 牡丹色
IMG_0009.jpg

そんなわけで、境内にある3面ある牡丹園を、1時間ちょっと散策してきました。
「これ以上ヘボな575」を見聞きさせても迷惑かも!というわけで、撮った中から「きれい処」の良さそうなのを4枚程、黙ったままで貼っておきます。みてください!

IMG_0026.jpg

IMG_0030.jpg

IMG_0035.jpg

IMG_0052.jpg

なお、この牡丹園の花の見ごろは、今週いっぱいといったところでしょうか!
西新井大師の詳細は、Web(西新井大師)をcheck・参照してください。


nice!(0)  コメント(0) 

リニアカーは有人走行で世界最高速度!

4月にはいり、極端に日照時間が少ないらしい
数日前、今日は晴れる予想だったが、またも雨こそ降らなかったが、曇天だ。
おかげで、野菜の高騰に主婦が嘆いているとテレビで報じていた。

確かに、猫の目のようめまぐるしくて、雨が多いような気がする
その風雨にさらされた桜のシベが、道端で叩きのめされている・・・悲しからずや!

そこで一句575: しべ桜 雨に叩かれ 地にへばり
IMG_6629.JPG
桜が咲いているときは『きれいだ!』とみあげて崇めていた人たちも、道端の濡れたシベを見る眼つきは、いささか厄介者扱いだ・・・悲しいと桜のひとり言

その桜並木に並走している流鉄・流山線(前頁参照)。
首都圏では一番短い路線のローカル線だ(詳細は、Web:流鉄流山線をclick)
JR馬橋駅から流山駅の全長 5.7㌔(6駅)を約11分でのんびりと走っています。

そこで一句575: 流鉄や 菜の花鉄路を ひた走る
IMG_6615b.jpg

そして、こちらは 本日のハイライト!
世界最速営業目的を平成27年に向けた、リニアカー有人試走でついに603㌔!
夕刻に600㌔台にのせたニュースが、飛び込んできました。

そこで一句575: リニアカー 六百キロと ぶっちぎり
IMG_5269a.jpg

オグリ君も昨年の5月山梨県リニア走行試験場でそのスピード感を体感してきました。
当時はまだ495㌔・・・あれからちょうど1年で、100㌔超もアップしています。
日本人の技術力がすごいですね!

なお、参考までに当時の当Blog(2014.5.29)を貼っておきます。
参考までに(こちら)をクリックしてみて下さい。


nice!(0)  コメント(0)