So-net無料ブログ作成

U-23、リオ五輪アジア予選、韓国に逆転優勝!

いや~燃えました!
U-23サッカーのリオ五輪予選決勝! 日本 対 韓国
このクラスでは、いつも韓国に負けてきた日本チーム、だが!
今回だけは、是が非でも雪辱を果たしたい・・・その皆の気持ちが功を通したか!
  3対2 での 大逆転優勝 でした!

試合展開は、今回も2点先行されての苦しい戦い。
だが、後半途中から出場したFW浅野の一蹴が引き金となり、彼自身の2得点を含むアッという間の3ゴールで逆転!・・・3ー2でアジアの覇者となる オメデトウ U-23。

そこで一句575: 成せば成る 若き王者よ 翔んで飛べ
U-23.jpg

これで正真正銘の『アジアの王者』だ。
ぜひ、リオデジャネイロ五輪でも、アジアの王者として大暴れしてくれることを望みます。


nice!(0)  コメント(0) 

寒い一日、猫ちゃんたちも寒さしのぎに!

列島は、予報通り大雪が降ったところも多い。
とくに長野県松本市郊外などでは、立木の雨や雪が寒さで凍り、その重さで倒木となって道をふさいだり、また道路の凍結などで、一部の地域で孤立状態になった。

自然に住む動物や鳥たちも、自然環境に順応されているとはいえ、大変だろう。
身近に居るのでは、野良猫ちゃんたちだ
その大多数は、人間様に『可愛い、かわいい!』と飼いならされていたが、飼主の都合で『捨て猫・野良』になってしまったのが、多いのでは!

その猫をおってみた。
北風からは、ちょっと遮られて暖かそうな草むらで丸くなっていた、野良ちゃん。
しかしその顔は、『人間を信じられない』といった警戒心が丸見えだ。

そこで一句575:野良ちゃんや からだ丸めて 寒しのぎ
IMG_6900.jpg

そこへくると、街中にいて、誰かさんから「餌」を頂いている猫。
こちらは、意外と平静で、すり寄ってくるのもいるようだ。
とはいうものの、この厳寒の昼夜と「寒さをしのぐ」のは、さぞたいへんであろう。

そこで一句575:寒風に 背毛を逆立て 街の猫
IMG_1791.jpg

この可愛い猫、見てください。
飼うならば、最後まで責任をもって、育ててほしいものだ。


nice!(0)  コメント(0) 

甘利明経産再生相、辞任! & 上野の冬ぼたん(その2)

昨夜から今日のテレビ報道および新聞は、甘利/あまり/アマリ 一色でしたね。
新聞では、万感の思いにじむ大きな顔写真に、うっすらと涙を浮かべていました。
「TPP」では、米国など多くの国の首脳と四つに組み、その手腕を発揮してきた彼!
3月その調印式が有り「それには、ぜひ出席したかった!」のひと言が、印象的だった。
しかし、この厳寒での原野では、さすがに打つ手なしといった状況らしいようだ。

そこで一句575:厳寒に 無念のあまり 打つ手なし
IMG_6577.JPG¥@youda

これら『政治とカネ』の問題が発すると、いつも「秘書が! 秘書が!」が連発する。
しかし今回はその様相が「当たり、にも見受けられる」る。が、しかし、現状ではまだ定かではない面も多く・・・何か第三者の策略がちらほら見受けられる。
とは云うものの、秘書との密接な連携があれば、防げたような気もするが!
その辺を昨日(前頁)に引き続いて、「上野東照宮のぼたん苑」のきれいな『冬ぼたん』を交え、一部にジョークを入れて綴ってみました。

ということで一句575: 大臣や 取巻き次第で 身も滅び
IMG_1592.jpg

とはいうものの「政治の世界」では、ドラマ・水戸黄門のお代官様のような様相、すなわち「菓子箱に小判」ような話がいまだに実存し、それをまた平気で懐中へ!なんですね・・・驚きました。

こちらの「冬のぼたん」は、いたってシンプル。
寒さしのぎは、藁蓑にすべてを任せ「二人三脚」で、仲良く過ごしています。

そこで一句575: 寒牡丹 足たか蓑に 身を任せ
IMG_1510.jpg
と、きたものだ!

そして最後に今人気の『黄冠(おうかん)』は、牡丹の中の女王か!
冬の寒さは藁蓑に託して、笑みいっぱいでした。

そこで一句575: 寒風を 蓑で払いて 笑顔かな!
IMG_1584.jpg

また別の一輪も同じく元気な笑顔を、来園者にふるまっていました。

そこで一句575:黄冠や 春の香りと微笑みを
IMG_1597.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

上野東照宮のぼたん苑へ!

先週の22日の当Blogでも語ったが、上野東照宮のぼたん苑へ出かける。
本来なら恒例と云っては何だが、降雪の後の『冬のぼたん』をみたかったのだか!

さて、上野東照宮のぼたん苑は、5月の夏牡丹と1月の冬の牡丹の2度、開催されます。
きれい処の前にごちゃごちゃ云っていても「野暮でござる!」ということで、能書きはさて置き、さっそく映像を送りましょう!
入口奥には、蛇の目傘を背に「藁蓑」に入った『冬ぼたん』がちらちらと!

そこで一句575:冬ぼたん 粋な計らい 蛇の目傘
IMG_1630a.jpg

その辺を、ちょっとアップしてみましょう。
IMG_1513.jpg

苑内には「座れば美人」の代名詞が、たくさんあでやか姿で日向ぼっこをしています。

そこで一句575:日向ぼこ 座れば美人や 蓑姿
IMG_1568.jpg

また、冬の寒さはこの藁蓑でかなり守られるものの、さすがにまだまだ寒い!
あるものは、兄弟4人だろうか、ひとつに固まって暖をとる姿が見られる。

そこで一句575:カルテット 片寄せあえば 寒も去り
IMG_1520.jpg

兄弟愛のきれいな笑顔です、ね!
さらにこちらは、寒さを吹っ飛ばすほどの可愛い笑顔・・・スマイリースタイルだ。

そこで一句575:寒空も 藁蓑着れば 笑顔かな
IMG_1602.jpg
なあんて、詠んでみましたぞ~!

そしてこちら、日陰のためか先週の降雪がまた残っていて、寒そうだ。
赤牡丹の花は、リンゴのようにほっぺを紅潮させ、寒さをしのいでようにも見えた。

そこで一句575:残雪に 頬染め合って 片寄せて
IMG_1539.jpg

またこちらは、寒いときにはお風呂が一番と!
樽桶の露天風呂にでも浸り、風流スタイルで『ああ、いい湯だな!」

そこで一句575 :蛇の目差し 露天気分か 冬ぼたん
IMG_1534.jpg

で、締めてみました!


nice!(0)  コメント(0) 

湯島の白梅が咲く!& ダイヤモンド富士

今週にはいり、底冷えはするものの、好天に恵まれている首都圏!
近所のあちこちでも、梅が咲き始めている。
梅と云えば「学問の神様・菅原道真」と、云えば『湯島天神の白梅』が頭に浮かぶ。
ということで、ちょっと早いことには間違いないが、立ち寄ってみました。

東京メトロの湯島駅から「女坂」を登る。
さすがに早かったか! 左右の梅林の梅はほとんど咲いてない!・・・あちゃ~!
坂を下りて来た方に尋ねると「境内脇の大きな樹は満開ですよ」に、元気が出る。
境内は、受験者やその関係者だろうか、たくさんの参拝者で賑わっていた。
そして、お目当ての「湯島の白梅」・・・『主(あるじ)ナシとて、咲いてました!』

そこで一句575: 東風吹かば 主忘れず 咲きにけり
IMG_1771.jpg

また境内にある【受験生祈願絵馬置き場】の絵馬の量がすごい!どこも満載だ。
まさに、藁をもつかむ、心境の神頼か!

そこで川柳的な一句575: 神頼み 多きに天神 腰抜かし
IMG_1778.jpg

受験生にみなさん,
頑張ってください!と、エールを送ろう!

そして今日の富士山はすごかった!
いつも見ている場所では年に2度観られる『ダイヤモンド富士』の時期ごろである。
まさに今日でした。太陽は、左肩から60度の位の角度で沈んできます。
しかし今頃の夕景をまともに見たら、目がイカレてしまいます。
また、デジカメもフィルターなしでは、同様に壊れてしまうでしょう。

ということで無理をせずに、その『情景の雰囲気だけを撮る』ことに成功しました。
上空におおきな雲があったために、いつもより更に真赤な燃えあがった夕焼けの情景!
サングラスをかけていても、興奮しました・・・まさに『寒茜!』でした。

そこで一句575: 富士の嶺 ダイヤ輝き 寒茜
IMG_1589a.jpg1/27  16:51撮影

ついでに、もう一丁575:冬の夕 富士の高嶺も 日に燃えゆ
IMG_1587a.jpg1/27  16:52撮影

そして、太陽が富士山の方に消えて約15分後には、余韻を残しての茜空となる。
そこで一句575:寒茜 余韻残して 空焦がし
IMG_1597a.jpg1/27 17:05撮影

上空の大きな雲が真っ赤に染まり、まさに天空が創る『天体ショー』に酔いしれました。


nice!(0)  コメント(0) 

八柱霊園へ小鳥を求めて

寒いながらも快晴に誘われて、都立・八柱霊園へ小鳥を求めて出かけてきました。
ここは都立と云っても、なぜかオグリ君たちの住む千葉県松戸市の郊外にあり。
松戸市住民が墓地取得に悩んでいるのに、都が膨大な土地を取得し広大な墓地を造営。
古くから取得されている方の墓地は6畳、8畳敷きといった広さを締める。また植木や生け垣で囲った立派なものばかりだ。
ただ、最近は公営墓地も取得率が大変なのか、団地のように既製品化され、墓石が背を突き合わせて、びっしりとくっついている様式に代わっている。

さて、そんなお墓の一つに立派な梅を植えたのを見つけた。既に花が咲き始めていて、ご先祖様もその香りを嗅いで「一句ひねり」楽しんでいるかも

そこでこちらも一句575:梅咲き始 祖先の墓も 旬に酔い
DSCN2528a.jpg

また墓地公園の斜面には、きれいに飾り作られた雪吊りがある
しかしここでは、ほとんど雪は降らず、いささか手持ちぶさ!

そこで一句575: 雪吊りや 晴の合間か 手持ちぶさ
DSCN2530a.jpg

その雪吊りの近くに1本の紅梅があり、取り巻くようにカメラを持った人がいた。
近寄って尋ねてみると、「オジロビタキ」が来ている、とのことだ。
オジロビタキは、チョロチョロと動きが早く、やはり超望遠一眼でないと無理だ。
と、はいうものの、せっかくあから「コンデジ」で仲間入り、しばし待ってみた!

そこで一句575:寒空を 枝から枝へ 餌を探し
DSCN2534a.jpg
まあ、こんなものでしょうか!・・・ごめん!
そして、これらの様子を高みの見物しているのは、ムクドリ 四羽!
梢の寒さの中で、日向ぼっこ、はたまた春待ち顔か!

そこで一句575:耐え忍び 身切る寒さや 春を待ち
DSCN2536a.jpg

春になれば、若葉が萌えて、好物の虫たちがいっぱい出て来ることでしょう!
それまで、寒さを我慢しましょう!


nice!(0)  コメント(0) 

大相撲初場所 10年ぶりで日本力士が優勝で湧く!

全国的な寒波は、30年ぶりに沖縄県にも雪をもたらしたニュースが、話題になっいる。
その他にも、九州を中心に西日本、そして日本海側を縦に覆い、北海道全域が大雪と氷点下に襲われて、あちこちで深刻な被害や事故をもたらした。

首都圏の今日は、昨日に引続き、冷たい風が吹き気温は低かったが、快晴に恵まれた。
そして、今日の富士山は、これ!
この連日の寒波に、富士山は日ごとに積雪し、裾野まで白化粧を増している!
また、その富士山から右手2時の方向には、まん丸のお月さんが、薄い光を投げかけながらも、しっかりゆっくりと、西の空へから山の陰へと沈んで行った。

そこで一句575:大寒に 日ごと白さが 増す富士か

さらに、もう一句575:冬の朝 寂光残して 月沈む
DSCN2516.JPGDSCN2511.JPG
 (いずれも、1/25 朝の7時撮影)

ところで、長かった!でしたね!
2006年初場所 当時の大関栃東優勝以来10年ぶりの日本人力士の優勝に湧きました。
昨夜の、大相撲初場所千秋楽 大関琴奨菊は優勝! の出来事です。

そこで一句575: 相撲道 十年目Vに 国が湧く
IMG_1571.JPG

琴奨菊関、お疲れさんでした。
大関になって、何と5度目のカド番を迎えた今場所の初優勝は、万感の思いでったろう
カド番の度に、マスコミからくそみそに叩かれ、こんどは「日本角界の救世主」扱い!
それが、勝負の世界なのかも!

そして一夜明けたきょう、おらが街(千葉県松戸市)にある琴奨菊の相撲部屋・佐渡ヶ嶽部屋。一時は報道陣たくさん押しかけてきて、大変だったらしかった。
いつもは、重厚な門扉がぴったと閉じているが、今日ばかりは大口を開けて笑ってた。
また、門前では、NHKがトレーナーさんのインタビューを交えて、撮っていた。

そこで一句575:優勝に 一夜明けての 祝い部屋
DSCN2527.JPG

そんな優勝に湧く、佐渡ヶ嶽部屋周辺を歩いてきました。


nice!(0)  コメント(0) 

創られた、早春のほのぼの秘話!・・・寒椿

連日、寒い話で恐縮だが、天気予報では「列島には寒気が覆いかぶさり、一段と厳しい寒さとなってどっぷりと雪が降る・・・」。しかし幸いか、首都圏はきれいな青空だった。
だが、テレビのニュースでは、西日本や北海道では厳しい雪景色が映りだされていた。

そしてこちらは、首都圏模様
千葉県と云えば、南房総ではすでに県花の一つ「菜の花」が、今咲き誇っています。
オグリ君の住む県北でも咲き始めていますが、陽春とはいえ、日照は弱く痩せ細る。

そこで一句575:誇り気に 痩せの菜の花 春を呼び
DSCN2455.jpg

さて、その公園の林の中を歩いていたら、ちょっと変わった花木を見つけた。
「なんだろう」と思いつつも、さっそく写真を撮ってみた。
ちょうど前から自転車で来られ人に「これ何の花ですか?」と尋ねたら「はは~ん!ひっかりましたね!」と、笑われた。
誰かが、枯れた枝に「椿の花」をひろってきて、突き刺してるそうだ!
なるほど面白い! でも今の時季は花が少ないので、目立ってしまっているよだ。

そこで一句575: 駄洒落かな 早春呼ぶや 偽装花
DSCN2430.jpg

そして、もういっちょう:寒椿 いいえもてなし 偽装花
DSCN2435.jpg
この花の少ない時期に「ジョーク」を見聞し、何かほのぼのとしたなごみを頂きました。

そして、今日の富士山は!
きょうの列島は巨大な寒波に覆われ、列島は大荒れ天気だったが、首都圏はその影響で冷たい風はこそ吹きまわりました。しかし快晴でした。
そして夕方は、こんな富士山がみられました。
多分、あと1分ほど前にみれたら、恐らく今日が『ダイヤモンド富士』で、太陽が山頂の左肩から斜めに沈んだのではなかったと、思われます。
IMG_1553.jpg撮影 16:50

その30分後の17:20 みごとな夕焼けシルエットが見られました・・・Oh!寒い!
IMG_1560.jpg 17:20撮影


nice!(0)  コメント(0) 

日照がない、寒い一日でした!

昨日天気予報通り、日照のない寒い一日でした。
お天気おじさんの予報では、この週末は今年一番の寒さとなり、西日本から日本海沿岸にかけては大雪が予想され、注意を要するとのことだ。
東京では、先日の積雪で電車ダイヤが大混乱となった。
今回は週末ということで積雪しても多少は緩和されるかも知れないが、注意を要する。

さて、街中を散歩していても、この時期はきれいな花が少ないようだ。
街路樹や公園の大木もケヤキなどが多く、皆まる裸で寂しい。

そこで一句575:寒風に 葉っぱ取られて 枝寂し
IMG_1543.jpg

そんな枝にも、害虫はいるようだ。
その害虫を好んで食べてくれるのが小鳥たち。近くの枝でチーィ・チーィと啼声が! 
ジュウカラが一羽、何かを突っついていた。
寒空の中お疲れさま!・・自分のためか、樹木のためか? 虫を捕えているようだ。

そこで一句575: 枯れ枝で 虫を探すは 誰のため
IMG_1551.jpg

また、その樹の下の道端には、小さな花水仙の一株が咲いていた。

そこで一句575: 大寒に 路傍飾るか 花水仙
IMG_1550.jpg

はたして、明日は雪となるだろうか???


nice!(0)  コメント(0) 

中学時代の同期生たちでランチ、そして上野を散策!

首都圏で暮らしている中学校時代の同期生の有志が集まり『ランチ方々新年会をやろう!』と、いう提案があり、きょう開催。参加してきた。
まずは東京・麹町に事務所を持つ提案者のYさんのところに男性4、女性2の6名が集合。
近くのレストランで、『ランチ&ダベリング』といったところか!
久々に会ってのおしゃべり会とあって、時間はあっという間に過ぎた、感じ!
皆さん高齢ながらも、それなりに活躍していて「元気はつらつ(オロナミンC)!」といったところ。何よりでした。

さて、皆と別れたこの後は、せっかく出てきたので、と・・・帰路途中下車、ひとり枯れ木の上野公園をぶらついてみた。
午後の陽を浴びた「清水堂」の真っ赤な社殿は、周囲の桜が葉っぱが無く丸裸のせいも有り、いつになく輝いて見えた。
そして、広重の江戸百景にみる『上野月の松』を模して作られた松も元気に育っていた。

そこで一句575: 誇り気に 江戸の名画か「月の松」
moon_in_ueno.jpgIMG_1529a.jpg
(広重の江戸百景・上野山内月の松)

また、名句「花の雲 鐘は上野か 浅草か」の「時の鐘」は、今でも時を告げている。

そこで一句575: 冬空に 乾き鐘の音 耳を刺し
IMG_1530.jpg

また、東照宮のぼたん苑の「冬のぼたん」も開催中。
ただ今日は時間的に、間もなく閉館の様だったので、またの機会とする。
IMG_1537.jpg

でも何となく気になって、のぞき見を!・・・して、パチリ!

そこで一句575:蓑着たり 片寄せあうは 冬ぼたん
IMG_1534a.jpg

そんな東京での一日でした。



 


nice!(0)  コメント(0)