So-net無料ブログ作成
検索選択

台風一過の好天!・・・川辺の一コマ!

お騒がせの台風10号。迷走したあげく、Uターンして岩手県付近に上陸。
夏の1か月分の雨を一晩で降らせて、東北や北海道では川が氾濫。多数の犠牲者を出す。
被災地の皆さんには、謹んでお見舞い申し上げます。

よく台風一過と云うが、首都圏は好天に恵まれたが、一日中強風に悩ませられた。
が、木々の中では蝉たちは、水分と緑風を補給されて「この世の最期」を楽しんでいた。

そこで一句575:風注ぐ 青葉涼しや 蝉の城
IMG_0525.jpg

さて、夕方近く「江戸川」にでてみる。
時間が立ったせいもあろうが、意外と水かさは増えていなかった。
ここでも木々の梢で蝉たちがにぎやかに合唱を!・・だが、その木々は、水上へ移行!

そこで一句575: 増水に 蝉鳴く木々や 水に揺れ
IMG_0547.jpg

その水辺の木陰では、初老のおじさんが座って、夕涼み(?)か!
「こんにちは」と挨拶。いろいろ話を伺う。
この江戸川の「川魚の漁師さん」だという・・・この川にも、専門の漁師がいたのか!
この舟は、その方が持ち主だそうだ。
これで川に仕掛けをしたり、アユの稚魚を取ったり、鰻を取ったりと!
しかし長年、この江戸川と共に暮らしてきたが、今はその仕事もちらほらとか!
舟は、台風10号にもめげず、堂々と浮いていた!

そこで一句575:嵐去り 主待つ舟や 耐え忍び
IMG_0542.jpg

しかし、ここで仕事をするおじさんたちにって「自然のお友だち」がいる。
ちょうど、藪の中から雄のキジが4,5付近まで近づき、去っていく。
私にとっては、突然の出来事。あわててカメラを出したが・・・だめでした!
でも、ピンボケでしたがこんな感じが撮れました。

そこで一句575:嵐去り キジもいそいそ 食探し
IMG_0544a.jpg

そんな「嵐の後江戸川物語」をスケッチしてきました!


nice!(0)  コメント(0) 

列島に爪痕を残した台風10号

まだwakaba1.jpgマークですがフォト 一句 575を挿入して楽しんでいる、Blogです。

ここ数日、報道ニュース番組は、あの迷走台風10号のはなしで持ちきりでした。
大型で勢力の強い台風10号は、紀伊半島沖で発生。
その後沖縄近くまで南下そこでUターンし、生まれ故郷の紀伊半島沖辺と戻る。
そこで一休み後には、勢力を持続しながら列島沿いに、銚子沖から東北へと向かい夕刻の6時ごろ岩手県大船渡市付近へ上陸した。
310261-WID.jpg
この間、台風の目の西側、列島の各地に暴風雨をもたらし、爪痕を残しつつ青森から日本海へと抜けていくコースを取っている。
台風が東北地方へ直接上陸するのは、1951(昭和26)年観測以来初で、65年ぶりという記録を作ったそうだ。
首都圏でも一日中異様な雲ゆきで夕方までには回復したものの、不気味な夕焼となる。

そこで一句575: 台風や 過ぎても無気味 夕げ時
IMG_0537a.jpg

またその反対の東の空には、特大の虹のアーチがくっきりと浮かびだす。
そのスケールの大きさに、しばし「眺め見る」ひとときでした。

そこで一句575:台風が 過ぎて輪と咲く 虹の橋
IMG_0533a.jpg

台風一過。明日は快晴らしく気温も33~35度程へと上昇、厳しい残暑が数日続くとか!


nice!(0)  コメント(0) 

大型の台風10号が来襲!

大型で強いで勢力の「台風10号」は迷走していたが、何と舞い戻りその勢力を保ったまま、明朝には関東地方に接近。そのまま東北地方へ上陸し、中国大陸方向へ進路をとり進む予定。
310261-WID.jpg(気象庁進路予想図)

きょうは八丈島を暴風圏に巻き込み、また西日本ではかなりの大雨を降らせた。
関東地方のきょうは午後から晴れわたる。まさに嵐の前の静けさか!
ただ、青い空に黒雲や白い雲が入り混じり、それらが忙しくいろいろの形に変化をし、またスピードを上げて動いていて、ちょっと不気味な感じもしていた。
この画像の雲は、孫悟空の物語に出て来る「筋斗雲」に似ているようもみえ、また「何処か遠くロマンの国へでも、飛んで行きたい」そんな形にも思えた!

そこで一句575:夏空へ 乗りて飛びたや 筋斗雲
IMG_0475.jpg

だが、「嵐の前の静けさ!」などと、そんな流暢な事は云ってらえない!
夕刻近くの空には、かなり厳しく分厚い雲が覆い始め、それが川面を埋め始める。

そこで一句575: 川面覆う 嵐の前の雲静か
IMG_0526.jpg

気象予報士さんの解説では、「勢力の大きな台風で暴風圏も大きく、上陸した際はかなりの降雨と暴風に巻き込まれる可能性が高い!という。
強風で物が飛ばされないようガードし、また被害、災害が少なく立ち去ることを祈ろう


nice!(0)  コメント(0) 

真夏日、いろいろスケッチブック!

迷走台風10号。テレビ解説に「お天気おじさん」たちのお話を伺っていると、もし上陸すればかなりの被害が出るのではと想定している、「迷惑台風」らしい。
数日中にも、関東以北へ上陸が予想されているが、いまのところは穏やかな首都圏だ。

さて街中を歩いてみると、公園の片隅や家庭の庭先から、夏の花たちが顔を出している
「猛暑日」「真夏日」を騒ぎ立てる私たちに、一服の清涼感与えてくれているようだ。

そこで一句575:暑き日々 微かな涼の 笑顔かな
IMG_0457.jpg

8月も残すところあと僅か。 暑さに負けじと蝉たちが、今日も大合唱していた!
そのセミの抜け殻が、あちこちに「忘れ形見」として、残っている。
長い年月、じっと地にこもっていて、やっとこの世に出て着ての防御服だ。

そこで一句575:蝉しぐれ 忘れ形見か 夫婦殻
DSCN4047.jpg

30数度と云われると街中は人影も少なくなり、スーパーのレジのお姉さんも暇となりる。
そして、夕刻のタイムサービスがかき入れ時となる。
そんな時間の江戸川沿。夕陽が沈むころは、水面(みなも)の風も加わり活気づく。

そこで一句575: 夕陽背に 涼を誘うや 水面風
IMG_0478.jpg

そんな夏の思い出を、スケッチしてみました。


nice!(0)  コメント(0) 

浅草の夏をつげる「浅草サンバカーニバル!

迷走する台風10後のあおりを受けてか、今にも降りだしそうな曇り空!
その陰気な天候を吹き飛ばすかのよう、耳をつんざくようなボリュームにのって、今年も「浅草サンバカーニバル」が開催されました。
mv2.jpg

今年は、気温の低くスタートして間もなく小雨が降りだし、観る人、ダンサーや関係者にとっては良かったのかもしれませんが、写真やビデオをとる方たちにとっては悲劇の雨
周りの迷惑を思うと、傘を差すわけにもいかず・・・濡れるわけ匂いかず!
そんななで、人と人との間から、何枚かをスナップ写真で撮ってみた。

今年は、「リオ五輪」があったせいか、現地の踊り子さんが少なかったような気がする。
トラックを着飾った華やかなデコレーションが多いようなのプリンプリンを狙らおうと、早々に陣取っていたようだが・・・! 雨がわざわいか!

小雨の中で撮って来た画像。うまく撮れませんでしたが、何枚か貼ってみました。
野暮な「一句575」をつけると、さらに画像が野暮になるので、黙って貼ります。

IMG_0481.jpg

IMG_0482.jpg

IMG_0491.jpg

わが街、松戸市の「サンバチーム」も、参加していました!
IMG_3370.jpg

IMG_3378.jpg

IMG_3380.jpg

そして「温泉サンバチーム」。何とも艶めかしいうしろ姿・・・に、おもわずぱちり!
IMG_3418.jpg

リオの踊り子さんたちのチームは、どうやら最後に来るらしい。
天候も悪い為、リオの踊り子さんはまたの機会にと!早々に場を後にして帰途につく。


nice!(0)  コメント(0) 

現在、残暑真っ最中!・・・暑~一日

まだwakaba1.jpgマークですがフォト 一句 575を挿入して楽しんでいる、Blogです。

大いに沸いた、燃えた『リオ五輪』も終わったが、こんどは台風が、列島へと目白押し。
そんな影響もあってか、昨日今日と蒸し暑くまた空も青い! の、猛暑日だ。
さすがに用のない人は「外出もせず」に、おとなしく家の中で待機中か、外は静か哉。

そんななか、夏の時期の短い人生を楽しむ「蝉たち」は、涼しそうな木々に止まり、腹の底から声を出して思い切り鳴いていた。

そこで一句575:日差し避け 腹の底から 叫ぶ蝉
IMG_0110a.jpg

今年は、ニーニーゼミの声はあまり聞かずに、ミンミンゼミから始まりそのあとに、アブラゼミが後を追って鳴いたように思われたには、私だけだろうか?
そして、お盆も終わり、いつも間にか「ツクツクボウシ」が、鳴きだしていた。
といっても、ここに来ての暑さで、主流は「ミンミンゼミ」と「アブラゼミ」だが、その暑さに輪をかけるかのように泣き叫ぶ・・・夏から秋へと移りゆく風物詩だが!

暑さを避けて、夕刻買い物がてら外へ出てみたら、モクモクモクと夏の雲!
その形が、何に見えるだろう?・・・と、考えるのも、この時季の楽しみの一つだ。

そこで一句575:夏の夕 ムクとスピッツ にらめっこ
IMG_0476.jpg

なんで、詠んでみた。


nice!(0)  コメント(0) 

リオ五輪メダリストの凱旋パレード!・・開催決まる!

昨日は、オリンピック旗とともに『リオ五輪』で活躍した選手たちが、全員無事帰国
gorin250.jpg
夕刻から、メダリストの記者会見がありましたね。
皆さん今回の「リオ」での体験をもとに、『2020年東京五輪』に向かっての抱負を述べていました・・・若さあふれるアスリートたちに、私たちもエールを!
IMG_0468.jpg

そんな中、週刊誌の新聞広告を見ると、もう「個人中傷のような、うさん臭い記事」での集客をもくろむような文字が踊り出ている。
「記事を書くのは自由なのかも知らないが、個人情報の上げ足取り「記事」は、しばらくの間ナシとして、もっと「お疲れさま」の目がほしい」と思うが、如何に!

ということだが、アスリートたちにとっては「大きな喜び」のニュースもある。
前回ロンドン大会終了の2012年8月に、東京銀座で『メダリストの凱旋パレート』が開催され、銀座ということもあり、50万にもの観衆が集まったと云われている。
ただこの時は「五輪メダリストだけ」で、人一倍努力精進したパラリンピック』のメダリストは省いてしまい、顰蹙を買ったと記憶している。

いずれにせよ、今回は両者のメダリスト参加の『凱旋パレードになる』ようなうだ。
また次は『東京五輪』だ。きっと大いに盛り上がることでしょう!

ということで、2012年8月「ロンドン五輪の『凱旋パレード』をWebから拾い、盛り上げてみました!
みなさんも当時を思い起こして、盛り上がってみてください!
TKY201208200332.jpg

002.jpg

205.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

五輪旗が到着しました!

gorin250.jpg
「リオ五輪」が終わり、日本のメダルは41個。
そのメダリストが、きょう帰国。先に帰国していた選手と合流。
その数、55人が夕方勢ぞろいの記者会見は、壮観でした!
また、今日の正午過ぎ「全日空2020便」特別便では、小池都知事の手によって「オリンピック旗」が無事到着した。
IMG_0440.jpg

リオの閉会式の儀式『フラッグハンドオーバーセレモニー』では、せっかくの晴れ着が雨でびしょ濡れとなってしまった小池知事。
きょうは羽田での、日本国民の前で「再度ご披露!」・・・喝采を得ていました。
IMG_0441.jpg

また、別便で帰国した選手団と羽田で合流。
IOC と JOCのオリンピックフラッグが勢ぞろい。
両旗の「フラッグハンドオーバー」が披露されました。
IMG_0436.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

リオ五輪は終わった!・・そして「お・も・て・な・し」

いやぁ、興奮しました! 燃えました!・・・リオ五輪
gorin250.jpg
日本と12時間ほどの時差があり、決勝戦などのLiveは、真夜中が多かった。
と、いうことで、前日の試合結果速報が、毎朝テレビで放映されていた。
スイッチオン・・「オー勝った!」「えッ負けちゃったのか!」「えッ、あぁ~残念!」
とその結果を見て、一喜一憂」の毎日が続きましたね!

そして、昨日のBlog.(前頁)で述べましたが、その『リオ五輪』は昨日閉会式
五輪旗は小池都知事の手に渡り、TOKYOへと引き継がれました!

みなさん2020年 ”東京でお会いしましょう” が、全世界への「次なるメッセージ」だ!
IMG_0383.jpg

そして今朝の「朝日新聞」の1ページ特番は、 41の輝き  でした!
日本のアスリートたちが「リオ五輪」で取って来たメダル41個、その喜び!
全部見せます! あの興奮をもう一度っといったところでしょうか!
・・・画像は悪いが、その喜びを「もう一度楽しんでください!」
 金 12個 銀 8個 銅 21個  合計 41個 参加国で6位でした。

IMG_0431a.jpg

新聞2面には、こちらも2面ぶちぬきで昨日の、閉会式のフィナーレがドーンと掲載。
IMG_0432a.jpg

あとは、4年後が楽しみですね。
いろいろと、その準備がたいへんでしょう。
誰がはじき出したのかはしらないが、当初の『どんぶり勘定=甘い見積からみて、超膨大に膨れあがっているとも聞いている。
しかし予算がなければ、「見栄張りせず」に「リオ五輪」のような、皆さんが「喜べる、楽しめる、思い出に残るオリンピック」を創って頂けることを願う。
それこそ日本が示した、あの『お・も・て・な・し』の真髄かと!


nice!(0)  コメント(0) 

台風上陸そしてリオ五輪閉幕

昭和の歌の文句じゃありませんが『今日は朝からてんやわんや』の一日でした!
トリプル台風の9号が、正午過ぎに千葉県館山市付近に上陸。関東から東北へと通過中。
202010-0000-jp0000-20160822133000.jpg

その間、雨や風による災害の爪痕を各地にのこして、現在も進行形である。
笠置さんじゃありませんが、「わてほんまに・・・よいわんわ!」といったところか!

さて、話代わって地球の裏側ブラジル
『リオ五輪』は、日本時間の今朝、閉会式が行われました。
gorin250.jpg
待ちに待っていた「開会式」と違って「閉会式」というのは、何か寂しいものかと思いきや、ここ「リオデジャネイロ」は、サンバカーニバルの国。
お国柄、色彩も華やかな中に、音楽を聴くと踊りだす・・・華やかな閉会式でした

このBlogを見て頂いている大部分の方は、そのテレビ中継を見ていたことでしょう。
したがって、画像を基に「ダイジェスト」で載せてみました!
順番は多少前後していたかもしれませんが、そこはお了承のほど!

まずは、入場行進は開会式とは異なり、大部分の選手が帰国しているために、各国の旗手がまとまって入場。あとは各国がまとまってのスイスイと、入場!
view.jpg

公務多忙で出席が遅れていた「安倍首相」が、国会議事堂から車でかけつけるシーン!
聖火か消えてしまっては大変だ。北島康介氏がプールからボールをなげる。それを日本を代表する元選手らが繋ぎ、はたしてサポートするも間に合うかな?
フィールドでは、華やかなアトラクションが続いています。
IMG_0403.jpg

IMG_0398.jpg

次の開催国、日本の君が代が吹奏される。
ロボット数十人に寄る、フィールドに日章旗が造られた。
IMG_0413.jpg

そして、フィナールの目玉、「五輪旗」が、ロス市長からバッハIOCの手を通して、次の主催地「東京都」の小池市長に渡された!
IMG_0408.jpg

安倍首相は「スーパマリオ」スタイルで緑の煙突から無事に時間内に到着できました。
IMG_0428.jpg

IMG_0386.jpg

先ほどの日章旗のフィールドは、サンバカーニバルの会場となり最高潮となる。
IMG_0387.jpg

17日間燃え続けた五輪のシンボル『聖火』は、南米のスコールのような雨で消えていく。
IMG_0392.jpg

これで、「2020年 東京五輪』は、日本側でのスタンバイとなりました。
みなさん つぎは ”TOKYOであいましょう!”
IMG_0383.jpg


nice!(0)  コメント(0)