So-net無料ブログ作成
検索選択

大相撲、高安関が”大関”昇進!

5月の最終日、おめでたいニュースが!・・大相撲 関脇の高安関が大関に昇進なる!
今日午前中の番付編成会議と理事会で、五月場所11勝4敗だった高安関(田子の浦部屋)は、満場一致で大関昇進を果たされ、協会の理事が出向き「伝達式」が行われた。
新大関高安は『大関の名に恥じぬよう正々堂々と精進します』と口上を述べられた。
IMG_1044.jpg

高安関の素質は以前から高く評価されていて、先代の師匠(元横綱 隆の里)からは、『素質は稀勢の里以上。火山の様な未知数の素質有り!」と称されていたという。
確かに、ここ数場所の立ち合いの迫力は凄く、横綱も吹っ飛ぶすごさだった!
また同部屋の兄弟子、新横綱の稀勢の里が、とろけるような目で喜び、祝福していたのがとっても印象的でした。
IMG_1054.jpg

これからの角界はこの二人の時代となり、義兄弟力を合わせて「国技・大相撲界」を、この日本力士の手で引っ張っていってほしいと願います。
IMG_1053.jpg

今宵は、新横綱と新大関、そろい踏みの祝賀の宴が開かることであろう。
IMG_1048.jpg

また、高安関の出身も、オグリ君のふる里 茨城県、土浦市でした!
先に横綱に昇進した「稀勢の里」は、茨城県牛久市、まさにお隣同士の町となる。

来場所(名古屋場所)は、7月9日が初日だそうだが、稀勢の里も今場所は万感の思いの途中から休場・・さぞや悔しかっただろう。
早くケガを完治させて、兄弟での「優勝争いの場」をつくってほしいと願います。

nice!(0)  コメント(0) 

真夏日につられてか、紫陽花が咲きだした!

まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。
コメントor推敲等あればお寄せください。お待ちしています。

ここ数日列島は夏日、真夏日等々、高温に見舞われている・・五月末だと云うのに!
今日など街を歩いていると、知らぬ方からも「暑いですね!」と、声を掛けられた!
買い物がてら歩いていたら初めての公園に出くわす。その公園の片隅には、かなり大きなアジサイの木株があり、夏の太陽が燦々と当っているせいだろうか、すでに満開だ!
IMG_1009.jpg

つい先日まで、いずこのアジサイ株も蕾ばかりで、花にはお目にかかれなかったのに!
しかし、この公園ではこんなに咲いている・・今年の「初もの」だ!
明後日は6月!・・6月の花の代名詞・・・アジサイの花を一足お先に貼ってみた
  そこで一句575:やって来た アジサイ花や咲き笑う
IMG_1010.jpg

また、民家の塀の上からは「カシワバアジサイ」がたくさん顔を出し笑顔をみせていた。
このアジサイ、普通のアジサイとは異なり、葉っぱが「手のひら」の様な切れている。
また花が円錐形のような形で、まるで夏の銘菓・アイスクリームのようにもみえる・・頭が重くてみんな横にだらんとさがっている・・本人曰く「こう暑くては、溶けちゃうよ!」と・・「いぇいぇ!」そんなことを云うわけありません!
  そこで一句575:真夏日に 庭のソフトも 溶けてベソ
IMG_1015.jpg

自然界は、ちょいと見ぬうちあっという間に変化していて、花が咲くんですね!
こうなると、あちこちのアジサイの名所からも花の情報が飛び込んでくることでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

葉っぱがイエローの巻・・黄色で纏めてみました!

五月も残すところあと2日。6月はシトシトぴっちゃんの「雨」梅雨空が続くだろう。
爽やかな五月晴れも見納め近しか!
そんな爽やかな空に黄色の葉っぱの木、植え込みが目立っていた。
公園の広場に青葉の若葉色ではなく、正真正銘の「黄色の葉」が、青空に映えていた。
何という木なのだろう?・・通りがかりの人に尋ねたら「ノルウェーカエデ・プリンストンゴールド」だと教えてくれた。あまりの美しさにまずは一枚パチリ!
DSCN8142.jpg

そしてその葉っぱのアップ写真も撮ってみた・・確かにカエデの形の葉っぱだった。
DSCN8146.jpg
ところでこのカエデ・・秋口にはどんな色になるのだろう・・と、思わず興味がわく!
もし機会があったら、その頃もう一度訪ねてみたい・・そんな気がした

ところでこちらは、駅前にあった植え込み。葉っぱを見た感じは「ヒバ」のようだが、「真っ黄色」だ。へぇ!こんな色のヒバがあるのかな?
IMG_0896.jpg

またこちらは公園の植えこみ。葉っぱが黄色で背の低い木が植えられていた。
DSCN8138.jpg

最近は品種改良が進み、色々の植え木があるようだ。
今日はそんななかから、『黄色三昧』を拾って来ました。

nice!(1)  コメント(0) 

2017年日本ダービー、勝ったのは!

2017年 日本ダービー、勝ったのはルメール騎手鞍上の馬⑫レイデオロでした!
外枠からすいすいと飛び出し一番人気の⑱アドミラブル等を抑えての栄冠でした!
IMG_1000.jpg

見てください!・・・ウイニングランの後の表彰式に向かうレイデオロのこの表情!
  そこで一句575:ダービー馬 栄えある栄誉 胸に秘め
IMG_1006.jpg

ところで『日本ダービー』とは・・・サラブレット゚として生まれた三歳馬の「一生に一度のチャンス」の栄えあるチャンピオンだそうだ。2014年生まれの国の内外から7,015頭が登録されていて、その中から厳選された「18頭の駿馬」で競うもの。もちろん馬ばかりで勝てるものではない。鞍上の騎手との心意気と調教だろう。
  そこで一句575:ダービーや 騎手と駿馬の 心意気
IMG_0996.jpg

馬券で当たった方々は、今宵はビールで乾杯かな?!!!
IMG_1001.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

デパート屋上でのビールパーティ!

近くにあるデパート。今年も屋上ビァーガーデンがオープンということで行ってみました。我が家では、居酒屋でも何でもいい!何かの理由をかこつけて「呑もう!食べよう!」には、皆の諸手が揚る。
伊勢丹屋上のビァーガーデンは「B・B・ℚ」といいキリンビール直営のようで、コース料金を払うと焼肉セットが出て来る。ビールは飲み放題で自分でビールサーバーへ行き、5種類ほどの種類のなからジョッキへそそいてくるシステムだ。
今日は土曜日。どうせ飲むなら、『青空の下で一度吞んでみよう!』ということで、オープンの4時過ぎにはいる。さすがに週末といえど、客はチラホラ!
  そこで一句575:夏の陽を 浴びてサーバー 笑顔待ち
IMG_0922.jpg

夏の太陽はまだまだ沈みそうもない。青い空に白い雲! 家族で健康を祝しカンパイ!
カミさんが焼き役にまわる。ジュージューといい匂いが立ち上がる。
その焼き肉の煙りに魅かれて、工場直送のビールのジョッキがどんどんと空にある!
  そこで一句575: ジュージューと 肉焼く煙に ビァー進み
IMG_0936.jpg IMG_0962.jpg

またこの晴天下、屋上ガーデンがゆえに、心地よい薫風がほほを撫でる。
  そこで一句575: 爽快や 飲める笑顔に 五月風
IMG_0974.jpg

我が家のストレス解消だ。家族で和気あいあい!持ち時間の2時間もアッというまの楽しいひと時でした。
今日はグループ組もあるが、土曜日ということか小さなお子さんずれ家族グループも多く、家族でジュースを飲んだり、焼き肉をほうばったりと皆楽しそうでした。

nice!(0)  コメント(0) 

この時期、鳥たちは繁殖の時期のようで!

ここ1ヶ月ほどの朝の鳥たちの行動をみる。と云っても大袈裟なものではなくカラスとハトなどだが、体の大きなオスがメスを追いかける姿が目立つ。どんどん追い回す。
と、どこかから別のオスらしきカラスが飛んできてはその空中戦に交わる。疲れるとビルの手すりやテレビのアンテナなどで一休み。そしてまたトライアングルの空中戦が始まる・・この世界でも、今はメスが「好き嫌い」を選び判断するようだ。

話代わって、先日コブハクチョウの恋物語を目のあたりに見てきました。
二羽の白鳥がは体を寄せ会って長い首を上下に振って数分間、何か音楽にでも合わせてかのようにワルツを踊るよう泳いでいた。
  そこで一句575:薫る風 スワンの愛に 手を添えし
DSCN7720a.jpg

次の瞬間、大きい方(たぶんオス)が相手の後ろ側からのしかかるように乗る!・・よくみられる交尾の瞬間だ。しかしこの後がびっくり仰天だ!・・上に乗っていたオスが、メスの長い首の中間よりやや上側を「ぱっくり」とくわえて「水中に沈めるように押し込んだ!」・・うひゃ! すごい!
恐らくこの世界では「もうお前はわしに服従するにだ!」という儀式なのだろうか!
遥か彼方での瞬間的行為だったが、仰天してしまいました・・その後は、オスは何事もなかったように、メスをその場に置いてきぼり、悠々と泳ぎ去る。

さて話代わって、我が身の近々でもこの時期はいろいろの鳥たちが恋と愛をし、巣造り繁殖へと進む時期である。
公園や神社などへ行くとたくさんのがいる。この鳩は他の小鳥と違って人慣れしているせいか近づいても逃げない。そして所かまわずに雄雌での恋愛行為をする姿が見られる。こちらは寺の鐘楼の屋根!
  そこで一句575: 忍び逢い 高見で涼む 夏の恋
DSCN7648a.jpg

また先日も当Blogでお伝えしたオオヨシキリだ。
こちらもこの時期、オス鳥は葦原周辺で細い枝に止まり、喉がはちきれんばかりの声をあげて、必死に雌にラブコールしています。
  そこで一句575:ヨシキリや 声を嗄らせば 愛実り
DSCN7860a.jpg

そして、これらの世界でも、みんな同じように愛の営みがおこなわれ、次世代の育成に全力を尽くしていくようである。

nice!(0)  コメント(0) 

初夏の水辺の物語!

まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。
コメントor推敲等あればお寄せください。お待ちしています。

5月の下旬、初夏と云ってもここ数日の列島は、うだるような陽気が続いた。
水辺の夏の生物たちも、勢いが出ていて元気良し。
すでに夏の水生植物、睡蓮の花が咲き始め。とはいうもののまだ数える程度の花数。
でも旬ものがゆえに新鮮味がありいい感じ。池を巡りどのくらい咲いているかを偵察!
  そこで一句575: 睡蓮咲き 池を巡りて 花数え
DSCN7948.jpg

今はまだ、日当たりのいいところで、赤そして白の花がぼちぼちといった程度ようだ。
DSCN7949.jpg

またその睡蓮の池の近くには夏模様・・浮草が気持ちいい景観で浮いていた。
近くに雨蛙がいたが人の気配で水に潜る・・・もしもこの葉っぱに跳び乗ったら、葉っぱといっしょに沈んでしまいそうな「か弱い葉っぱ」だが、いい感じだ!
  そこな連想から一句575:雨蛙 浮葉めがけて 水に落ち
DSCN7951.jpg

さらに先へと進む。カメラを持った人が水面に向かってシャッターを切っていた。
なんだろう?・・蛇だ! シマヘビがこっちへむかってすいすいと泳いでくる。
今年の初物だ。長い舌をぺろぺろと!我も獲物へ向けてパチリ、 ナイスショット!
  そこで一句575:音もなく くねり近づく 蛇の舌
DSCN7804.jpg

これから7月、8月にかけては、たくさんの種類の昆虫が、樹木や花に居つきますね!

nice!(0)  コメント(0) 

谷津バラ園の薔薇(その2)

前々頁(5/22)谷津バラ園の薔薇の続編!
前回は、薔薇の咲く様子の全景を主にまとめてみました・・今回は大輪を!
と云っても、このバラ園だけでも800種もあるという。バラの好きな人ならいざ知らず、私のような素人にはその名前はわかりません(名札はついてるが、覚えられません) ただ「きれいだなー」と、眺めてきました。
そこで今回は何も云いません!・・・ただきれいだったことを脳裏にインプット!
そのきれい処の大輪を7枚ほどを、黙って貼ってみました! 見てください!

DSCN8079.jpg


DSCN8069---コピー.jpg


DSCN8121.jpg


DSCN8062---コピー.jpg


DSCN8044---コピー.jpg

そして締めは、薔薇の花の大御所、緋の薔薇の醍醐味です!
DSCN8018.jpg

いかがでしたか!

nice!(0)  コメント(0) 

2017年度のサラ川ベストテンが決まりました!

毎年この時期に楽しみにしている第一生命保険主催のサラリーマン川柳(サラ川)今年のベストテンが発表されましたね!・・もう見られましたか?
今年は「第30回」ということもあり、5万5千余もの応募数があったそうですよ。
これ等の中から2月に100選がノミネートされた、サラ川ファンがネットで投票。
さらに審査員が決定といった手順でこの度、決定しました。
title1705.jpg

オグリ君も、その100首から20首ほど選び「当Blogの2月14日付)貼ってみました。
その様子のオグリ君Blog2/14はこちらをClickしてください。
さて何点ベストテンに入選しているかな?・・・と、楽しみでした。

では発表された『2017年度 サラ川ベスト5』をここに貼ってみましょう!
 1位 ゆとりでしょ? そう言うあなたはバブルでしょ?(なおまる御前)
 2位  久しぶり! 聞くに聞けない 君の名は      (健忘賞)
 3位  ありのまま スッピン見せたら 君の名は     (もうすぐ花嫁)
 4位  同窓会 みんなニコニコ 名前出ず        (あまちゃん)
 5位  「パパお風呂」入れじゃなくて 掃除しろ     (家内関白)

おかげさまで、オグリ君が選んだ20首のうち、すべて5位以内に入選したようです。
尚このほか、6位~から100位まではWeb「第一生命2017年サラリーマン川柳」に詳しく乗っていますよ・・アクセスし、楽しんでください。
ちなみに昨年のベスト5は、当オグリ君Blog(2016.5.24)を開いてみてください!
(左上カレンダーor(こちら)をClickしてみてください)

なお、余談ですが、私たち毎年高齢者にかんする「サラ川」も多いようです。
今回も2位3位4位にあり、このほかに
 6位 君の名は ゆとり世代の名が読めず    (まねこもも)
 7位 病院で サミットしてる 爺7      (アキちゃん)
 8位 ばあちゃんが オシャレにキメる 通院日 (ペラ) 
などユニークなどが入選していました。

オグリ君も来月6月に中学時代の同窓会があります・・楽しみを待つ中に、これらに該当すんじゃないかと、ちょっと心配が脳裏をかすめています。

nice!(0)  コメント(0) 

谷津バラ園へ行ってきました!

全国的に「三日続けての猛暑」連日こうも暑かったら薔薇の花が色褪せてしまうのでは!
ということで「暑サニモマケズ!」行ってきました!谷津バラ園(千葉県習志野市)へ
当Blogでは、毎年のようにお伝えしていますが、当バラ園の歴史はふるく昭和32年開園。その後いろいろの経緯を経て現在は習志野市が管理しています。
詳細は公式HP「習志野市役所」or「谷津バラ園」)をcheckしてうださい。
同園のパンフによれば、日本は勿論世界の国々の薔薇が800種、7000本もあるそうだ。

バラ園の門をくぐると、「すごい!」「きれい!」とため息の出る、光景が広がる。
まずは、当Blogでもお馴染み、ハウスとヤシの木と薔薇のコラボレーションを!
  そこで一句575:天を突く ヤシの葉影に 薔薇模様
DSCN8024.jpg

どっちを向いても、薔薇・ばら・バラ・・と、薔薇の花でいっぱいだ。
雲一つない快晴・・皆さん暑さを忘れて薔薇の花を堪能!今日は写真は撮らないで脳裏にインプットするつもりでいたが・・性分とは情けなし!ついパチパチ。
薔薇の絨毯を踏むように広がる「バラ園」を撮りまくり!
  そこで一句575:夏を呼ぶ ピンクローズの 花絨毯
DSCN7972.jpg

こちらは、緋牡丹ならぬ、真っ赤な「緋の薔薇」が、みごとに敷き詰められている。
DSCN7988.jpg

このバラ園は「すり鉢」のように構成で、周囲が高くなり野球場の様になっている。
外野のフェンス近くには、赤シャツのファンが陣取り、ホームランを待っているようだ。
  そこで一句575:ホームラン 香を籠めて 薔薇は待つ
DSCN8001.jpg

またあるところでは、斜面を利用してのミカン畑の様にも見えた。
  そこで一句575:オレンジか 香ほのかな 薔薇が丘
DSCN7981.jpg

また別の処では、同じ品種と思われるがバラの花の色だが少しづつ変わっていて面白い。
そこに赤い薔薇が潜入してきて、色を添えたいた。
  そこで一句575:薔薇・バラと 色とりどりの香り籠め
DSCN8002.jpg

そんなバラ園をスケッチしてきました。次回は「薔薇のアップ」を貼ってみましょう。

nice!(0)  コメント(0)