So-net無料ブログ作成

梅雨空、雨降る街にペコちゃんが!

JRのとある駅前、不二家の看板娘「ペコちゃん」が、今日も店先で立っていた。
今は梅雨どき、店長さんにお揃いの雨合羽と長靴を頂き、笑顔で店先でお手伝い!
通りがかるギャルやおばちゃんたちも、スマホを持ち出し「ハイ・ポーズ」
  そこで一句575:ペコちゃんの 梅雨の姿に 写メールか
IMG_1517.jpg
本人も写した人も、ともに微笑で眺めあいのひととき。

さて寺の境内では「……歩く姿は百合の花!」そう美人の代名詞,白百合が咲いていた。
雨上がりの日陰に咲く白百合、しっとりとしていて、きれいだ「ワビ、サビの心境か!」
  そこで一句575:白百合や 雨の木陰でワビし咲く
IMG_1578.jpg

そこに比べると、この時季あちこちで見られる「ノウゼンカズラ」は、夏の太陽に照らされて、派手な色合いをを放っていた。
この花は、他人に木々の幹や枝に遠慮なしに巻き付き、我が世の春を楽しんでいる。
  そこで一句575:ノウゼンや 他人の腕で 誇り咲き
IMG_1521.jpg

そんな雨上がりのひとコマでした。

nice!(1)  コメント(0) 

江戸川(ふれあい松戸川)で手長エビ釣りをみる

朝方からの梅雨空も午後からは晴れる。江戸川に出てみる。ご同輩が小さな竿で何かを釣っていた。「何が釣れるの?」問えば「手長エビだよ!」と気楽に答え見せてくれた。
面白そうなのでしばし傍観。あたりを待つ。
  そこで一句575:梅雨の晴 仕掛け見つめて 海老を待つ
IMG_1539.jpg
やがてピクっと動きスーと引く。「釣れった!手長エビだ」
  そこで一句575:釣れました 梅雨を忘れる 爽快さ
IMG_1535.jpg
ちょっと寄らせて頂きパチリ!・・いい形の10㌢ほどの手長エビだ。
IMG_1548.jpg
橋の上に落とし針から外す。これからのことが分かってか、何か怒っているようだ。
  そこで一句575:睨む海老 今宵麦酒の 肴かな
IMG_1541.jpg
そんな江戸川の風景をスケッチしてきました。

nice!(0)  コメント(0) 

”安倍一強”といわれ、翔んでる与党はどうした!

国会は閉会!・・問題山積のまま「すべては棚上げのままハイ・ハイお終いよ!」と蓋をした安倍政権!・・『本当にそれでいいのか!』と野党は食い下がるが聞く耳持たず!
ところがその後、ボロボロ出て来る「不祥事や物議をかもす発言」に火消役は大変だ!
一体どうしてしまったのか?
安倍首相は最後の演説で「加計学園問題等」は、必要あれば国会閉会中でも「丁寧に説明する」と云っていたものの、与党の国体委員長は野党の要求には聞く耳持たず跳返す。

だが切羽詰まり、最後には「都議選の結果次第では開くかどうかを考える」との捨て台詞
竹下サン あんたって何様なの? 主権者国民をバカにしてるんじゃないの!!?
そしたら今度は、女性のエリート議員が秘書に訴えかけられている事件が起きた!
最後は、都議選応援中のはずだった法律家出身、防衛大臣が法を勘違いしたか、またしても「火に油を注ぐような物議をかもす発言」で、あっぷあっぷ!

チマタでいう「安倍一強」の上に胡坐をかき『罰が当たった!』としか言いようがない。
そんな「安倍一強さん」、主権者国民が納得する説明をしてほしいと願う。

今日は(一つ前頁の画像)にあるよう、朝からこれぞ梅雨!といった感の小雨模様一日。
更に政界のごたごた続きのさなかの夜空には、こんな顎のしゃくれた上弦の月が西の空に見られました・・まさに(花王)社のトレードマーク哉(21時24分:撮影)
  そこで一句575:梅雨の月 雲間霞めて 花王顔
DSCN8663a.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

梅雨空の朝のひと時!

空梅雨模様だった今年の首都圏の空模様も、ここ数日は鉛色の雲がたち込める。
その割には雨の量が少なく、ちょい出かけるにはいいが、夏期のの渇水が心配だ。
朝起きて外を見あげると、予報士さんの予報通り「曇天のなかの霧雨じゃ!」
梅雨の時期の雨は、どしゃ降りとは違って、何か重苦しい感じがする。
今年入社の新人は「あぁ~!今日は出掛けたくないなぁ~!」と嘆息かも!
  そこで一句575:どん曇り ため息一つ 吐く朝時
IMG_1525.jpg

そんな中、空中には数羽のツバメたちが朝からご活躍!
巣をつくり雛も飼えっている頃だろう!・・あさから得意のつばめ返しの早業で餌探しに張り切っていた。
  そこで一句575:梅雨空や つばめ返しで 餌を捕らえ
IMG_1524.jpg

何処の世界も子育ては大変だ!・・がんばって!お父さん お母さん!・・とエール!

nice!(1)  コメント(0) 

日本の若きエース等がどんどん台頭す!

イヤー凄い!・・将棋界のプロ棋士、藤井四段(14)プロになってまだ1年生とか!
公式戦ではプロ入りしてまだ負けなし。そして1987年に神谷8段(現)がつくった28連勝を30年ぶりに更新し、29連勝を達成した。
昨夜からのテレビ報道番組、そして新聞各紙は皆、このニュースで持ち切りだ。
IMG_1523.jpg
しかも現在の対戦は、優勝賞金額最高額の「竜王戦決勝トーナメント戦」だ!
IMG_1522.jpg
オグリ君は将棋のことは知らないが、層々たるメンバーが出場しているのだろう。
決勝まではまだ先が長いようだが、将棋を知らない人までが、今は大フィーバだ!
ほんま、がんばってほしいと陰ながら「藤井四段」を応援勝ち続けることを祈る!

ところで、ここにきて『勝負の世界=スポーツ界』では、若者の台頭、活躍が凄い!
勿論2020年東京五輪という事もあろうが、日本スポーツ界を牽引してきたエース級先輩を、若い力がどんどん追い越している姿が「たのもしい!」
体操ニッポン、卓球ニッポンは中国の背中が見えてきた。陸上短距離陣では世界に「追いつけ」から「追い越せ」の時代に入ってきている・・がんばれ!Nippon!

そこへいくと何ともだらしないのが、国会の与党の若手議員だ。
その大部分が親の「地盤、看板、カバン」を引継いだ二世三世ばかりの、へなちょこ議員が多く「安倍一強!」の親分には、自分たちの意見は何も言えず「高見の見物」だ。
こんな時ほど派閥でぬくぬくしているのではなく、「同志会を結成」して俺たちは「国民代表者だと自負」した仕事をして欲しいと、願う!オグリ君でした。

nice!(0)  コメント(0) 

上野公園散策 (その2)

まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。

前頁の続き・・・上野公園を散策!
上野公園の広場には巨大噴水がある。その後ろに位置する建物が国立博物館だ。
  IMG_1352.jpg
そしてその裏手にひっそりと建つお寺が、徳川家ゆかりの寛永寺である。
江戸幕府の手厚い恩恵をうけて、かつては上野のお山全体が寛永寺であったという。
現在は、本堂であるこの根本中堂を残すのみ。
  IMG_1370.jpg

とはいえ、徳川幕府ゆかりの寺であり、りっぱだ。
今回は運よく、本堂に入ることができました(何度どなく来ていたが入館は初めてだ)
正面は、全面金ぴか!徳川家葵のご紋が刺繍された幕で覆われていた(撮影禁止)
寛永寺に関するビデオをみて、その場を後にする。裏に回ればお寺の施設がある。
今は梅雨時どん曇りの薄暗い時期だ。寺独特の形の窓からは、灯りがこぼれていた!
それが何とも言えぬ光景にみえた。
  そこで一句575:梅雨暗し ほのかな灯り 窓を染め
IMG_1367.jpg

また、境内のずれには、除夜の鐘でも有名な「鐘楼」がある。
その傍には、寛永寺の屋根に取付けられていた巨大な鬼瓦遺産として残っている。
2基あるが、その小さい方はまさに「鬼瓦の鬼」であり歴史を睨め尽くした感がある!
  そこで一句575:鬼頭(こうべ)  梅雨空睨み 時を生き
IMG_1375.jpg

まさに匠の技の「鬼瓦」であろう!

nice!(0)  コメント(0) 

上野公園を歩く!

上野公園、平日でも週末でも、雨が降っても晴れていても、暑くとも寒くとも・・たくさんの人がいつも歩き、楽しんでいる風景が見られる公園だ。
オグリ君も都心へ出たときで、時間があればトコトコと、一人歩いてしまいます。
目的があるわけでもやいが・・かつての井沢八郎さんの歌『あぁ 上野駅』の歌詞の「駅前」という事でもないが、ここにくると癒され「同じコースを歩くも新発見」がある。
御徒町方向からなだらかな坂を上ってくると、左手端に「時の鐘」がる・・寛永寺の鐘で、名句「花の雲 鐘は上野か 浅草か」(芭蕉)に詠まわれた「鐘楼」と伝承。
今でも「時の鐘」は鳴り響く・・が、今日は坊さん仕度ではない「Tシャツ姿」の人だった・・しかしその余韻は、昔も今も同じ音色なのだろう ゴ~ン! と梅雨空へ響く
  そこで一句575:梅雨空や 上野を濡らす 時の鐘
IMG_1331.jpg

また、その近くに2羽のカラスがいた。がーが!と雄たけびを上げての睨み合い。
でも何かを分かち合って食べていた・・恋心か はたまた親子か???
  そこで一句575:睨み合い いえいえ愛の 梅雨雫
IMG_1325.jpg

そして動物園の前から都立美術館前を通過して森へ入る。
いつからあったのだろう?・・NYの自由の女神が建っていた。
この森の近くにある「東京藝術大学」の学生さんの作品があちこちにあり、目を楽しませてくれる場所でもある。
  そこで一句575:梅雨に濡れ 上野を照らす 女神かな
IMG_1384.jpg

なぁんて詠みながら、ぶらりのひとときを過ごしてみました。

nice!(0)  コメント(0) 

今年はの首都圏は空梅雨か??

首都圏では、気象庁の「梅雨入り」がいわれて18日。うち雨が降らなかったのが15日!
果たして空梅雨なのであろうか?
沖縄は昨日「梅雨明け」・・真夏を迎えている。
気象士さんの解説では、沖縄が梅雨明けになると、関東地方辺に梅雨前線が近づき本格的な「雨のシーズン」にはいるという。
さて、その梅雨に似合う花と云えば花菖蒲!・・数ある品種のなかでもこれぞ花菖蒲の代名詞は、濃い紫のこの花だろうか・・その花が口をへの字にして、雨を待つ。
  そこで一句575:雨を待つ 忍の一文字 梅雨の花
DSCN8403.jpg

そしてこちらは、若き乙女の花菖蒲だろうか・・薄い紅色の菖蒲!・・とはいえ、雨に似合う花には間違いない・・ということで、こちらも雨待ち顔か!
  そこで一句575:空梅雨や 雨待ち顔の薄化粧
DSCN8419.jpg
とってもきれいですね!

さてこちらは、同じ若い花菖蒲でもラブラブのカップルか!相々傘で雨を待つ!
  そこで一句575: 二輪花 相々傘で 梅雨を待ち
DSCN8416.jpg

と、いった花菖蒲の「雨恋しい」のひと時でした。
そして雨と云えば、有り難いのが「雨傘」・・額アジサイも、梅雨が似合う花だ。
前頁でもたくさんの紫陽花を紹介してきました。
品種改良で「額アジサイ」もたくさんの品種があるが、「額アジサイの祖」はこれだ!
その額アジサイ、日向にあるのは、もうぼろぼろ!・・雨よ降れよと叫んでいた。
  そこで一句575:空梅雨に 自慢の傘も 色褪せり
DSCN8452.jpg

そんな、空梅雨状態の「梅雨の似合う花」をスケッチしてみました。
天気予報では、明日からは本格的な梅雨、雨の季節になるようだ!

nice!(0)  コメント(0) 

幸手市権現堂の紫陽花祭り!(その2)

前頁では、首記権現堂の土手に展開する紫陽花人気品種『アナベル』を特集してみた。
色々の場所で「紫陽花の花」をみてきましたが、まさに地元の方がお勧めしてくれたここ「幸手市権現堂の紫陽花」は特徴があり、しかも(無料)でこれだけのものみせることはあり難くもあり、素晴らしい!
内のカミさんも、しばしうっとり!
   IMG_1418.jpg

この他にもここには4月にお伝えした桜並木の両側に、主催者HPによると、100種 16,000株もの紫陽花が桜名も木も堤防の両側に植えられています。
   IMG_1491.jpg
それらの紫陽花の花の特徴やきれいさをグデグデ云うよりも、ただ黙々と貼ってみます。
見てください。
IMG_1438.jpg

IMG_1439.jpg

IMG_1445.jpg

IMG_1450.jpg

IMG_1454.jpg

IMG_1463.jpg

いかがでしたか?
なお「幸手紫陽花祭り」は、7月2日まで開催しています。
ただ、開花状況を自分なりに見てみると、人気の『アナベル』は今が最高潮!
他の品種は、桜並木の日蔭に育成とあってか、7分咲きといったところにもみえます。
今後の開花状況詳細は、前頁でお伝えした「幸手市観光案内」へお問い合わせください。

nice!(0)  コメント(0) 

幸手市権現堂の紫陽花を観る!

まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。

行ってきました!・・埼玉県幸手市権現堂の紫陽花祭りへ
今年もあちこちの紫陽花を観て回りました。その総集編と云っていいでしょう!
先般、この地の「桜と菜の花のコラボレーション」をみて、度肝お抜かされた。
(当時の桜の模様は(こちら)をClick 4/13~14 みてください)
地元の人に誉め言葉を云ったところ『ぜひ、紫陽花とヒガンバナの時も来てください!』と云われていて、カミさんも「是非行ってみたい」ということで出掛けてきた。

幸手市観光案内HPをみても、ここの紫陽花はアナベルという名の白い紫陽花らしい。
その姿が報道陣の人気のマトになっていた・・・我もそれがお目当でした!
早速観てみましょう・・この景観凄いでショ! まるで紫陽花の千畳敷きのメロン畑だ!
  そこで一句575: 千畳に 咲きし紫陽花 畑メロン
IMG_1422.jpg

同じ色がこれだけ出揃うと、大迫力。
昨日の雨で、花はしっとり。いまがちょうど見ごろ。枯れ色が一つもない生一本!
  そこで一句575:梅雨雫 千畳敷きも 玉の肌
IMG_1478.jpg


遠くから全景を見ても絵になります。また近づいてみても小さな花がびっしりと固まって咲いている。まるで綿あめのようで壊れそう。舞うチョウチョも恐るおそる花に舞いそうだ・・・そんな花がこれだけ集まり咲くと『壮観』の一言に着きます。
  そこで一句575:梅雨の蝶 舞いて戯る 蹴鞠かな
IMG_1474.jpg

本当に素晴らしいものを見せて頂きました。
この他に色々の紫陽花がたくさん咲いています。それらについては次回へのお楽しみ!
なお、詳細は【幸手市観光案内HP】または(こちら)をcheckしてみてください。

nice!(0)  コメント(0)