So-net無料ブログ作成

いよいよ明日、衆院総選挙公示日!

明、10月10日・・衆議院選挙公示日だ!
先月17日頃大手新聞が「衆院解散近し今臨時国会冒頭解散! 22日総選挙ありき!」を発表。永田町界隈&報道陣は騒然となっっていた。
28日からの「臨時国会」は、さきの安倍首相夫妻が絡んでいるお蕎麦「もり・かけ」騒動疑惑を説明していただくための国会として、野党が提案していたもの。
それを逆手にとって、そこで何の審議なしで「冒頭解散!万歳三唱!」を行使する行為。「疑惑のチョウ本人」も、いささか心臓肥大の大勝負といってもいい!
結局、野党の待ちわびていた9/28冒頭解散!・・議員諸氏にとっては”唯の人”となる。

安倍首相曰く・・この解散は「国難突破解散」と名付けて、大々的にPR中だ!
しかし一般的には、国際情勢が最悪のこのじきにやるの?・・「大義なき解散」または「モリカケのお蕎麦隠し解散」などと不評をかった解散だ。
このほかにWebをみると、解散名目がたくさん載っていた。いくつかひろってみた。
    指南突破解散 ・・・森田 実氏(政治評論家)
    国難倍増解散 ・・・荻原ひろ子氏(経済評論家)
    邪道外道解散 ・・・吉永みち子氏(ノンフィクション作家) 
朝日新聞の政治漫画(9/27)では、こんな数式が掲載されていた!(針 すなお氏)
  IMG_2890a.jpg
まったくその通り・・首相が口を酸っぱくして言う「丁寧な説明」でした。

この解散でひとり大舞台の巨大役者にクローアップしたのが、先の都議会議員選挙で、ブラックボックスこと自民都連を壊滅に追いやった「小池百合子都知事」だ。
今回は新党「希望の党」を立ち上げて、巨象の自民党・安倍一強へと立ち向かう。
連日、特番組報道特集は「小池劇場」を中心で大変な騒ぎとなっている。

あの野党第1党の「新進党」も、事実上の分裂・・一部を議員を除いて、小池新党「希望の党」へと吸い込まれていった。そんな姿が朝日政治に掲載!を引用(針 すなお氏)
折角党首になったばかりの前原氏だが・・「百合の香り」に翻弄されての浮気かな?
  IMG_2892a.jpg

そして、10月にはいってからの大きな見えない袋の中身・・「希望の党の首相指名」は誰になるのか、いまだに表明されていない。
勿論、党首は小池百合子氏ではあるが、首相候補は国会議員でなければならない。
はたして問題山積の都知事を辞して、今回の選挙に立候補するか否かが最大の焦点だ。
これも朝日新聞の政治漫画を引かせてもらう・・(山田 紳氏)
  IMG_3087.JPG
   出る「出ない」出る「出ない」・・・「出たー!」
明日10日は公示日だ! 5時までの締め切りまでに「小池百合子氏は立候補するか 否か!」・・報道陣はかたずをのんでスタンバイといったところのようだ。

nice!(0)  コメント(0) 

この時期、野鳥が少なくなった!

ここ数日、長袖でも涼しすぎる。一枚長袖を羽織ってもまだ寒い!かとおもうと、今日などは急に暖かくなる・・体調管理がたいへんだ。
季節的には、寒いのは当然だ。北の国からは初冠雪の声があちこちから聞こえてく。
数日前、岩木山に初冠雪というニュースが放映され、立山弥陀ヶ原では紅葉が見頃と!・・何となく自然界にまかせ切りの生活の私達だが、自然界はちゃんと変化してる。

ぶらっと歩いていたら、頭の上で「キーン・チュ・チュ!」鳴き声が聞こえた。キョロキョロ探してみたら、電柱のてっぺんに小鳥が止まっていた。
双眼鏡もなし・・とりあえず、手持ちのコンデジで撮ってみた・・家に戻ってパソコンで見たら「もず」のようだ。「へぇ!あんなところにも止まるのか!
  IMG_3015.jpg
また江戸川の土手を歩いていると、今の時期草むらからスズメが20~30羽と群れをなして飛び出る。でもそんなに遠くまでは飛んで行かない・・数メートル先の草むらに降りて、こちらの様子を見ている。
面白いので、カメラを向けてみた・・こんな感じだ!
  IMG_3066.jpg

  IMG_3071.jpg
この時期一部の草を残して、夏草は刈り取られてしまっている・・そんなわけで、伸び切った草むらが「雀のお宿」になっているのだろうか・・何とも奇妙な光景でもある。

nice!(0)  コメント(0) 

松戸祭り始まる!

今年もやって来ました【松戸祭り】今年で44回目ということで定着しているようだ。
「祭り」といっても、神社主催のお祭りではなく、商業者や市観光協会などが主催の「街活性化の商業祭」といったものである。
駅前の一角を歩行者天国にして、出店や屋台が埋め尽くす。
なかでも駅前には、他県からの「松戸市在住の県人会」「おらがふる里のうめえ物を喰ってくれ!」と自慢の食品など郷土特産物を持ち込んでのブースが人気をよんでいる。売り手は県人会の人らしく、首都圏で流行の「デパートやスーパーの産地特産セール」とは、一味違っているのが人気らしい。
  そこで一句575:秋の味 諸国のブースに つい手伸び
IMG_3122.jpg
この他の出し物は、踊りやらパフォーマンスダンスなど、いずこでもみられる行列ものや小舞台をつくっての余興などである。
IMG_3130.jpg
なかでも、目玉は「ブラジルサンバ」の踊りだ。きょうもサンバのリズムと色気で、グツつてすっきりしない「秋模様」にハッパをかけていた。
  そこで一句575:松戸祭 サンバリズムで 秋を呼び
IMG_3088.jpg
松戸市にある「サンバチーム」は結構名が知れているらしく、かの有名な「浅草サンバ」や全国各地で開催されている「サンバ大会」でも、何度か入賞をしている様!
きょうは地元ということで「未来のサンバ嬢の卵」がたくさん出演して喝采を浴びていた。
IMG_3113.jpg

松戸祭りは、今日と明日(8日)まで開催されています。
詳細はWeb「松戸祭り」or(こちら)をClickしてみてください。

nice!(0)  コメント(0) 

受賞、表彰に「アッと驚く・・何とやら!」

昨夜の8時過ぎ大きなニュースが飛び込んできた。
この時期 毎年話題になるのが、ノーベル賞受賞者だ。つい先日のノーベル医学生理学賞では、期待されていた日本人が受賞を外した、と小さな話題になっていた。
そして昨日は長崎県出身の日系英国人 カズオ・イシグロ氏「ノーベル文学賞」受賞されました。ほんとうにおめでとうございます。
今朝の新聞一面は、このニュースが大きく取り上げられていました。
  そこで一句575:ビッグだぜ アッと驚く ノーベル賞
  IMG_3082.JPG

そして、その新聞朝刊めくっていくと、これまたアッと驚く なんとやら!
かの有名シンガーソングライター 桑田佳祐さん「本日10月6日をもってソロデビュー30周年」ということで、ビクターエンタテイメント社がCMがらみの「表彰状」だろうか、新聞全紙2頁ぶっちぎりで掲載していた・・半分はジョークなんだろうが、いい記念になっただろう。
桑田さん本人にとって、きらびやかな本物よりも、大切なサポータやファンと共に喜べる「大きな表彰状」に、ご満悦だったことでしょう!
  そこで一句575:おめでとう アッと驚く 桑田CM
  IMG_3084.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

秋、夕暮れ 慕情!

秋の夕暮れ時は『つるべ落とし』といわれていた。
日中の太陽動く速さはあまり感じられないが、夕陽が沈む間際はほんとうに早く、その例えから「井戸のつるべの落ちる速さ!」と@云ったのだろう。
最も今の世代、「井戸」「つるべ」は死語となり、知る人ぞ少なくなっているだろうか。
そんな「秋の夕暮れ時」を歩くと、色々の「秋風景の変化」が楽しめる!
今どきの4時過ぎ。太陽はかなり西に傾く・・ススキが一番きれいな時だ。
そのススキを逆光でみると、銀穂が輝いてとってもきれいだ。
  そこで一句575:秋の夕 光る銀穂も 揺れ急ぎ
IMG_3063.jpg
さらに時間が過ぎゆく・・西の空が赤味を帯び、太陽が雲の合い間を出入りする頃!
道の端の「ネコヤナギ」が一斉に黄金色に輝き揺れ動く。しばし見惚れてしまう光景だ!
  そこで一句575:秋の暮れ ゴールドフィンガ 風に揺れ
IMG_2856_edited-1.jpg
そして、圧巻は「秋の夕焼けだ。
首都圏では「あまりきれいではない」と云われるが、それなりに輝いてくれる一幕もあり。
  そこで一句575:夕映えや 見惚れるほほを 朱く染め
IMG_2865.jpg

写真画像では「我が腕の都合」あまり美しくないが、「生光景」はいずこもとってもきれいでした。

nice!(0)  コメント(0) 

秋模様・・・中秋の名月!

きょう10月4日は中秋の名月!ほぼ満月の大きなお月様が大空に輝く夜だ。
一昨日訪問した都立 向島百花園などでは句会などが開かれ、またその名月を眺めながらの「茶会」などもあちこちで開かれ、古来からの風流が楽しまれるようである。
我もまた、そんな大げさなことではないが、満月が昇りたての大きな月とススキのツーショットは無いものかと、江戸川沿いに出てみたがその時間ごろ、月の昇る方角に黒々とした雲が出てしまい、やむなく中止!
・・川べりのススキを5本程取ってきて、我が家に飾ってみた。
  そこで一句575:お月見や すすき飾りて 夢託し
DSCN9788.jpg
その前に座ってみたら、何か落ち着きを感じ、何かいいことがありそう!
そして飾り終えた6時30分頃、外へ出てみると雲の切れ目から【中秋の名月】が見えた!
さっそく一枚ぱちり!・・・うさぎの姿はなく「夢のまたゆめ!」・・のようだ。
  そこで一句575:名月や 餅つく兎 夢で追い
DSCN9783.jpg

ところで中秋の名月は「まん丸の満月」ではないそうだ。真円は1日から2日遅く、今年は明5日の「十六夜(いざよい)の月」だと気象予報士さんが言ってました。
ということで、もし時間ができたらススキを前景にいれての大きな満月を撮ってみたいが・・場所的に多分無理でしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

街中散策!

まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。

2日ほどちょっとばかり遠出したので、きょうは買い物がてら周辺を散策。
先日、市内の栄松寺の「萩の花」を紹介・・まだ花の数が少なかった話をした。
今日はどうだろうかと出掛けてみた・・やはりあまり咲いていない。
今年の秋の花は、みな良くないのかもしれない・・でもたくさんの落花の跡があり地面がピンクに染まっていた。ということは、もう峠越えだったのかもしれない。
萩の花はどんどん咲いてどんどん落ち、また後から咲き長期的楽しむことができる花だ。
  そこで一句575:萩の花 散って地を染め 追いて咲き
IMG_3053.jpg
お寺の近くの民家から「ざくろ」が首を出す。
こちらは太陽に恵まれたか、いい色に日焼けし仲良くぶら下がっていた。
間もなく割れて、甘酸っぱい香りが漂う時期のようだ。
  そこで一句575:ざくろ実や 陽ざしにぶらり 割れを待ち
IMG_2939.jpg
野辺には、小菊のような花がひと塊になって咲いていた。葉っぱから見ると「菊類」でないことだけは確かのようだが、青空に映えてきれいだった。
  そこで一句575:青空を ぬけて花咲く 小菊ちゃん
IMG_2930.jpg

てなわけで秋の花木を眺めつつ我が家に戻ると、カミさんが「柿」を買ってきていた。
その辺に成っているのは何度か見ているが食べるのは初物・・ということでパチリ!
「柿と云えば、当然あの句でショ!うか」・・そこからの句
  そこで一句575:柿の実に 思い起こすは 寺の鐘
IMG_3061.jpg
といった「秋模様」のスケッチでした。

nice!(0)  コメント(0) 

手賀沼散策

千葉県我孫子市と柏市などの市の境にある手賀沼
紅葉にはまだ早いが、爽やか陽気の初秋の一日をぶっらと歩いてみた。
公園内の大広場・・ここの花園にはきれいな花が咲いていて、夏の名残のチョウチョが飛んできては花の蜜を吸い、また別の花に移り飛ぶ姿が見られる。
  そこで一句575:花畑や 時季を忘れた 蝶も舞い
IMG_3012.jpg
この辺は先の震災後の対策で、防潮堤を高くしてしまったので今は湖畔が見えません。
さらに30分程とぼとぼ歩く・・湖畔が見えてきた。
手賀沼には、ここで子育てをして永住している白鳥がたくさんいます。
そんな姿を一枚パチリ!
  そこで一句575:渡り鳥 北帰忘れて 泳ぎ慣れ
IMG_3016.jpg
この他にも両親と3羽の雛といっても、もうほとんど成長に近い子の一家5羽を発見!
そんなのんびり姿を、我々ものんびりと眺めさせていただいた。
この時期はまだ紅葉には早く、またこれといった目ぼしい花もない。
そんな中、一本の「ジュウガツザクラ」が咲いているのを発見!・・さっそくぱちり!
  そこで一句575:爽やかな ジュウガツザクラ 風に揺れ
IMG_3018.jpg
そしてこの時期の花と云えば、コスモスだ。
掘割の岸辺にきれいに咲きほこり、秋風によなよなと揺れていた。
  そこで一句575:秋桜や 風に吹かれて 背をこごめ
IMG_3050.jpg
さて、このコスモス畑の向こうに見える建物は、かつては千葉県立の【水の館】といったもので、手賀沼の歴史博物館でしたが、最近我孫子市に移管、1階には農産物の直販店【あびこん】となっていて、近の主婦などでにぎわっていた。
ちょっと覗いてみたら、こんなものを発見!・・1升瓶のビールだ! 房総九十九里浜のオーシャンビールとある・・サプライズとばかりに1枚パチリと撮ってみた。
  そこで一句575:瓶ビール 秋の夜長も これ一本!
IMG_3040.jpg
面白かったので、家に帰ってWebで調べてみた!こちらをClickしてみてください。
房総の日本酒酒造会社(寒菊銘醸)で、地ビールも醸造している。
ただ1升瓶詰は載っていませんでした・・もしかして、社のPR用の目玉なのかも!

そんな楽しさを交えた「湖畔の散策物語」でした。

nice!(0)  コメント(0) 

都民の日、ワンコインで巡る旅(1) 向島百花園

まだwakaba1.jpgですがフォト 一句 575】を挿入し楽しんでいるBlogです。

昨日とはうって変わっての雲一つない快晴。長男が暫しの休暇で帰ってきている。
皆でその辺をぶらりと行こう・・ということで、京成電車の「下町日和きっぷ」で、東京下町をぶらり!と出掛けてきた。
JR金町駅で1日乗り放題の「下町日和きっぷ」(500円)を買い求めて、いざ出発。
まずは「都立・向島百花園」へ。今日は都民の日ということで、入園は無料。
今の時期、ここ【向島百花園】は、秋の七草を筆頭に秋向きの草木がいっぱいだ。
  そこで一句575:天高く 白穂群れ咲く 百花園
IMG_2902.jpg
今日は好天に恵まれ、園内にはたくさんの人で賑わい思い思いに、すぎゆく秋の一日を楽しんでいた。そんな人々をのんびりと迎えていたのが蚊取り線香のブタ君!
夏の時期は、やぶ蚊などを追い払っていたものの、この時季になるともう御用済み!
  そこで一句575:都民の日 蚊取りのブタも 煙薄し
IMG_2897.jpg
この時季花の数は、ちょっと少ない時期でもある。
そんな中で張り切っているのが「秋の萩」・・だが、今年はこの花類も不作のようだ。
でも花の香りはとってもよく、気持ちいい秋風がほほを刺激する。
  そこで一句575:萩咲きて 風爽やかに 肌をなで
IMG_2905.jpg
またここ向島百花園には、名物の萩のトンネルがある。
ことしはまだ早いのか、はたまた不作か、今だに花の数が少なく、トンネルをくぐって写真を撮る人も数が少ない。が、吹き抜ける風の爽やかさは格別だ。
  そこで一句575:萩トンネル 風吹きぬけて 香り満ち
IMG_2933.jpg

園内を歩いていると、ふと変わった花が目につく。
杜鵑草(ホトトギス)だ・・香りも強いのだろうか、蜂や蝶など虫達が立ち寄っている。
  そこで一句575:杜鵑草や 花のかほりに 子虫舞い
IMG_2911.jpg

そんな初秋の向島百花園で、しばし過ぎゆく秋を家族で追い見つけてきました。

nice!(0)  コメント(0) 

都民の日 ワンコインで巡る旅(2)スカイツリー(ほか)

前頁の続き・・ワンコインで巡る旅・・東京スカイツリー~帝釈天!
京成電車ワンコイン乗り放題「下町日和きっぷ」での旅、お次は【東京スカイツリー】
今回はここのソラマチタウンにある「全国の名酒がそろっている長谷川酒店」・・そんな店をぶらり覗き込む。
その前に5階へ!そこには地元墨田区が誇る「匠の技を受け継ぐ商品」ブースがある。
また広い休憩所があり、アサヒビールを飲ませるコーナーがある。
きょうは快晴! 室内よりも爽やかなテラスの方が気持ちいい!
テラスの椅子に座り見上げると、スカイツリーがまばゆく輝き、その影を落としていた。
  そこで一句575:天高く つき刺す塔の 影宿し
IMG_2949.jpg
その真下の日陰においしそうなビールとハム類が運ばれてくる。すべて墨田区にかかわる商品である。真上の塔を眺めながらグッビといく!・・泡が口周りについて大笑い!
  そこで一句575:空高し 仰ぎ飲む泡 口につき
IMG_2952.jpg
暫しビール飲みながらの休憩後は、みやげの「お酒」を購入し帝釈天へと向かう

昨日(9/30)は更新塚のお祭りで、その後日のせいか、いつになく人出も多かった。
たくさん並ぶ名物の草団子やさん・・おいしそうだが、最近はちょっと胴回りが太り気味・・お団子はパス!
  そこで一句575:秋来たり 寅さん団子でメタボかな
IMG_2971.jpg
境内前の門前町は、両脇に沢山のお土産屋さんが軒を並べている。
その中の一つ縁起物やさん。さすがのこの時期は、ちょっと閑古鳥が鳴いていた。
  そこで一句575:秋風や 祈願達磨も ひと休み
IMG_2975.jpg
そしてお馴染みの山門をくぐると、あの立派な黒松のゲートがお出迎え!
今は秋、そろそろ風も強くなるだろう。その前哨戦か、秋の風に誘われて松がかさかさ・ひゅーひゅーと鳴いているようにも聴こえた。
  そこで一句575:帝釈や 秋風吹きて 松音哉
IMG_2981.jpg
この後はいつものコース、山本亭の庭を通り抜け、江戸川にで見る。
細川たかしさんの艶歌でも有名になった「矢切の渡し」その舟が向こう岸から出発し、こちらに向かってきました。
  そこで一句575:艪も鈍る 秋風寂し 矢切郷
IMG_2991.jpg

そんな500円ワンコイン旅も、時間がたってきて終わり!・・金町駅へ!

nice!(0)  コメント(0)