So-net無料ブログ作成

雨降りの一日!

梅雨もさることながら、台風5号の接近のせいで、昨日今日と雨降りの一日。
「雨は嫌だな!」というのが「一般的の通説」だが・・きょうの報道番組を見ていたら、「鎌倉では雨を狙っての観光客」がたくさん来ているらしい。
「紫陽花は雨が降ると生き生き」とし、色が冴え風情があるからだという・・なるほど!

というわけではないが、雨に咲く花 三題を!
クチナシ・・花びらがぺったりと雨に濡れせっかくの花の蜜が溶けて流れ出しそうだ。
  そこで一句575:花の蜜 梅雨の雫に落ちて舞う
DSCN0650.JPG
こちらはタチアオイ・・パラボラアンテナ風の花を左右傳後に咲かせて耳をそばだてているかのように咲いていた。
  そこで一句575:情報を 捉えパラボラ 立アオイ
DSCN0649.JPG
またこれは、朝顔の一種かな?・・野路の片隅の藪に、雨に打たれて咲いていた。
風が吹く度ゆらりゆら。縁に止まったてんとう虫も足が滑って落ちそうだ・・ああぁ!
  そこで一句575:てんと虫 縁に止まりて転げ落ち
DSCN0646.JPG
そんな雨降る街並みのスケッチでした。

nice!(0)  コメント(0) 

ひと足早い、誕生会&父の日!

台風5号の前を受け、時折小雨降がふる日曜日。
6月頭初にもお話したが、オグリ君こと私の誕生日は、6月15日(金)。
家族らの都合で、ちょっと早めの誕生会&父に日会を設定してくれました。
  そこで一句575:梅雨さなか 年輪ひと輪 増え祝い
DSCN0344.jpg
食事、乾杯をする前に、家族から「電子辞書」をプレゼントされました。
2010年にも頂いていますが、「当Blog.の俳句作成」に使いこなしていたために、新しいのをプレゼントしてくれました。これでまた、ヘボ珍な575に威力を発揮できるかも!
また毎日欠かさず朝日新聞」連載『天声人語』の書き写しを続けていて、最近は新聞の字が読み難くなっています・・ということで、息子らが「父の日プレゼント」として今テレビCMでお馴染みの「ハンズフリー・ルーペ」なるものを、カミさんからは「日本酒」がプレゼントされた・・家族の温もりに多謝!
  そこで一句575: バースデイ 家族の愛に 気力増し
IMG_0031.jpg IMG_0033.jpg
また次男は、バースデイケーキというわけか、大人用の「ラム酒いりのケーキ」をゲットしてきてくれました。
  そこで一句575:バースデイ ラム酒ほんのり大人味
IMG_0004.jpg
あとはカミさんに手料理で、家族の健康を祝し「カンパイ!」美酒に酔いしれた宵でした・・老骨に喝をいれ、元気でがんばろうと、気力沸く瞬間でした。

nice!(1)  コメント(0) 

落語など聴きに中野まで!

台風5号の洗礼か、30度ものの暑さの一日。
うちのカミさんが頂いてきた「落語チケット」を手に東京・中野まで出かけてきました。
中野の駅前など歩くのは、何十年ぶりだろうか?
さて、おめあての[なかの芸能小劇場」で開催に落語会春風亭正太郎・一藏 二人会なる出し物をみる。
約1時間半ほどの笑いの世界を楽しんで来ました。
nakano.jpg

この後は中野ブロードウェイなど、商店街や飲食店の立ち並ぶ通りをブラ~り!
何十年ぶりだが商店街はあまり変わってないような気もする。が、店自体の商品は場所が場所だけに、若者向けに変身なのかも!
横丁に入るとたくさんの飲食店が並ぶ。イタリヤ料理店に入り、まずはビールで乾杯!
この暑さの中、街中ブラブラで汗だくだ・・脳天にまでしみわたる!「うめぇ~!」

この後もほろ酔いで、ぶらぶら!
駅前のシンボル『中野サンプラザ』の三角形のビルがそびえ立つ。
つい最近のニュースで聞いたのだが、数年後には取り壊し2025年ごろに新装の『中野サンプラザ』が誕生することが決まっているらしい。
それでは、壊されないうちにと、1枚ぱちり!
IMG_6055.jpg
『全国勤労者青年会館』という名称で、1973(昭和48)年開業。半世紀弱の間、コンサートやら青少年の育成に携わってきたようだ。
オグリ君も若かったころ二度ほど、ご縁がありお世話になったと記憶しています。
さて、新装の『中野サンプラザ』・・どうなるのかな? 

nice!(0)  コメント(0) 

堀切菖蒲園の花菖蒲・・その3(番外編)

前、前々会の頁、2回に分けて「堀切の花菖蒲、きれい処」の並べてきました。
きょうはその番外編を
菖蒲園の正門を出て左に曲がり進むと、荒川の河川へと出る。土手の先は荒川の河川敷となり、その対岸は墨田区。シンボルタワー東京スカイツリーのお出ましだ。
DSCN0907.jpg
河川敷には堀切園ほどではないが、こじんまりした「花菖蒲園」があり、開けた背景をバックに清く咲いている・・ここの花菖蒲は毎日スカイツリーを見て育ったのか!
  そこで一句575:花菖蒲 遥か天柱 見て育ち
DSCN0933.jpg
葛飾区が造ってくれたか、天幕テントが張られていてその下はとっても気持ちいい。
周りに咲く花菖蒲を眺めながらの小休止は、風がさわやかで、心地よい。
せっかくここまで来たのだから、あのスカイツリーまで足を伸ばしてみようか!

ということで、京成電車青砥駅乗り換え押上へとむかう。

久しぶりの東京スカイツリーだ。
きょうはとても暑かった!・・ここにきたら真下にある墨田区のブース・ガーデン地元アサヒビールを飲むのが私どもの楽しみだ。
きょうは何故か誰も居なかった。貸切のガーデンで「チョイ飲みセット」をチョイス!
空を見上げると、真っ青な空にスカイツリーが陽を背中に背負って立っていた
逆光に、まるで後光が差したかのような光景だ。
DSCN0947.jpg
こりゃなかなか見られぬ光景だゾ~とばかり、スカイツリーに向かい一人カンパイ!
  そこで一句575:後光差す 麦酒の泡に いざ乾杯
DSCN0942.jpg
今日のカラカラ喉への「アサヒビール」の味結構でした。
この後は、ソラマチタウン当たりのウインドーショップへ
お土産はいつものお気に入りの名酒「紀土」をゲット!・・金町駅経由で我が家へ!

結構名や「京成電車・下町日和きっぷ」の一日でした!
DSCN0970.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

堀切菖蒲園の『花菖蒲』見物(その2)・・花菖蒲の顔

前頁(6/7)では、きれいに咲いた花菖蒲を飾ってきました!
ここではその続き。
数ある中から、ひとつひとつの気にいった「花の顔」を飾ってみましょう。
きれいな花には、ごちゃごちゃした説明などは不要です・・「清々しい花」をどうぞ!

DSCN0813.jpg

DSCN0814.jpg

DSCN0845.jpg

DSCN0862.jpg

DSCN0870.jpg

DSCN0872.jpg

DSCN0876.jpg

DSCN0883.jpg

DSCN0903.jpg

DSCN0877.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

堀切菖蒲園の「花菖蒲見物」・・へ!

昨日から首都圏にも「梅雨入り」が宣せられたようだ。が、きょうは朝から真っ晴れ!
皮肉なものである。
さて「梅雨に似合う花」と云えば『花菖蒲と紫陽花』
その『花菖蒲』を見に『堀切菖蒲園』(東京・葛飾区)へと行ってきました。
ここ堀切地域は、江戸時代から明治にかけて『花菖蒲』の名所で、北斎や広重などの浮世絵にも当時のようすが数多く残されている所だ。
明治頃は五つの菖蒲園があったそうだが、現在はここ『堀切菖蒲園』一つとなっている。
この4月にリニューアルオープンした園は、きれいに広くなり、200種、6000株が超満開に咲きほこっていました。
  そこで一句575:松影に 江戸の面影 残し咲き
DSCN0898.jpg
また、その当時からの遺構の様な大きな石燈籠。そこにはかすかな一輪が影を落とし、江戸の情緒を醸し出す
  そこで一句575:江戸風味 花菖蒲影 写し込
DSCN0762.jpg
園内には江戸時代の古式花菖蒲、現代風のもの花など、色とりどりと咲いている。
あるものは、仲間同士で競いあいか???
  そこで一句575:背伸びする 花菖蒲連 美を競う
DSCN0765.jpg

DSCN0778.jpg
またあるグループは、水辺の鏡に我が姿を写し込み、美を競い合う姿が!
  そこで一句575:水鏡に 姿写して 笑む菖蒲
DSCN0896.jpg
艶やか姿を・・と、あちこち回るが超満開の花園!・・みんなきれいで目うつりだ!
ただなんとなく、パチパチと枚数だけが増えるのみ。
  そこで一句575:花菖蒲 色とりどりに 咲きにけり
DSCN0768.jpg

DSCN0826.jpg

DSCN0776.jpg

DSCN0842.jpg
最後の一枚は・・江戸柳、風情よろしく「蛙飛び込む 水の音」ならぬ 花の上か!
  そこで一句575:やなぎ揺れ 蛙飛びつき 花に落ち
DSCN0797.jpg
そんな「花菖蒲・超満開」『堀切菖蒲園』でした。
次回は、花一つひとつを載せてみましょう・・お楽しみに!

nice!(1)  コメント(0) 

関東地方が梅雨入りした!

朝からしとしと、いやもっと弱い霧雨が降りしきる。
報道によると気象庁は午前中『近畿、東海、関東甲信が梅雨入り模様』と発表!
関東地方は、平年に比べて、2日早い梅雨入りだそうだ。
DSCN0659.jpg IMG_5622.jpg
これから先、7月中旬ごろまでシトシトぴっやシトぴっや!と雨の日が続く。

そんな「梅雨入りの初日」、近くの公園まであるいて見る。
その通りすがりの道端に水溜まりができていて、雨だれがぴしゃぴしゃとリズミカルに踊っては小さな水紋を描いていた。
  そこで一句575:梅雨の入り 雨だれ楽し 飛び描き
IMG_6045.jpg
また、道端に咲く紫陽花は、あまりにも花が大きすぎたか、地面すれすれ咲いていた。
その花もこの一雨にホッと一息か・・細頸をどっこいしょと持ち上げる姿にも見えた。
  そこで一句575:梅雨入りに 細頸もたげ 天に礼
IMG_6039.jpg
公園ではちょっと盛りを過ぎた「錦糸梅(キンジバイ)」が、雨水をいっぱい受けて元気を取り戻しているかのようにも見えた。
  そこで一句575:梅雨入りに 雨のシャワーで 顔洗い
IMG_6033.jpg

今年の「梅雨の現象」はどんなものなんだろう
・・報道では『陽性の梅雨』とも云われている。
  雨が多くバッシャと降って来たかと思えば、パッと止む。
  多雨でもあり、高温でもあるようだ!と、予測する気象士もいた。

nice!(0)  コメント(0) 

流山市”あじさい小路”界隈を歩く!

天気予報では明日6日あたりから、関東地方は梅雨に入る頃と予想されている。
昨日と比べて、きょうは薄曇り。花を見て歩くには絶好の日和である。
てなわけで、流山市にある『あじさい通り』を散策してみた。
DSCN0668.jpg
地域の有志の方が十数年前に、自分たちの竹山を切り開いて『あじさい広場』をつくろうと開墾、それから十数年きれいな紫陽花が咲いています。
当事者たちは既に高齢化。地域住民や近くの高等学校の生徒さんがボランテァで手入れをし、雛段の土手は今年もこんなにきれいに咲きました。
  そこで一句575:土手飾る 梅雨待ち顔の 花化粧
DSCN0670.jpg
ここ数日30度近い天候に、いささか疲れ気味のようすですが、きれいに咲いています。
梅雨に入り、一雨、二雨降りつ続けば、元気百倍になることでしょう。
近年は白色のふわふわした紫陽花に人気があるようで、どこへいってもいい場所に控える。これから梅雨にはいるが、雨足が強くかからぬように雨粒も遠巻きしてくれるよう?
  そこで一句575:ふんわりと 梅雨の雨足 避けて降り
DSCN0666.jpg
まあ、そんなことはないでしょう!
近づいて花に触れると赤ちゃんの肌のようにふんわり柔らか・・綿菓子のようだ
あわてん坊の「蟻君」が、それにかぶりつく!
  そこで一句575:綿菓子と 蟻も迷うた紫陽花かな
DSCN0669.jpg
ここで、ちょっよ変わり種紫陽花の花を見つけました。
額アジサイのたぐいだが、紫の花びらが二重三重のように花をつけている。
DSCN0660.jpg
ちょっとズームアップしてみましょう・・花王冠のようだ!
これだとこれからの時期、小さい昆虫たちの雨宿りの格好の蛇の目傘になりそうだ!
  そこで一句575:花王冠 てんとう虫が雨宿り
DSCN0685.jpg
空を仰げば晴れているなかに、もやっとした梅雨模様の前ぶれにも見える無気味空!
赤紫の紫陽花が、その空をニンマリと眺めていた・・紫陽花にとって、雨はうれしいようでもある。
DSCN0711.jpg
そのお隣では、梅雨を待ちわびるよう、汁かけどんぶり飯をかき込むような姿にみえる紫陽花が咲いていた。
  そこで一句575:どんぶりや 盛り飯嬉し 梅雨のあじ
DSCN0713.jpg
ということで、2か所にわたってのんびりと、紫陽花のきれい処を見せて頂きました。
このあとは、そんな「姿のきれい処」を貼ってみます。
まずは昔からの定番・・スタンダード!
DSCN0691.jpg
大きなぼんぼりのような花。
DSCN0705.jpg

DSCN0709.jpg

・・・でした!


nice!(0)  コメント(0) 

暑い一日でした!夏の花があちこちに!

真っ赤なざくろの花が咲いていた。そのお隣にはこれから咲きだす蕾が並び居る。
姉妹花・・姉は妹の成長をかばい加勢しているかのようにも見えた。
  そこで一句575:妹よ早く咲けよと 姉ざくろ
IMG_5683.jpg
こちらは百合の花。かつてが白が定番だったが、今は観賞用が多くこうした赤系、黄色系そして薄ピンクなど改良品種が多くあり、真夏に向かって艶やかな色揃をしている。
  そこで一句575:梅雨近し美顔競うか 双子花
IMG_5681.jpg
またこちらは、橙のスカシユリ系の花。
  そこで一句575:絡み咲く 花と蕾の百合愛し
IMG_5679a.jpg

また水辺では純白の睡蓮の花が、涼しげに咲いていた。
そんな池を覗きながら池を一巡!・・モネになったような気分だ。
  そこで一句575:の睡蓮の池を巡りて モネ気分
IMG_5584.jpg
きょうは全国的に真っ晴れ、気温は各地でこの夏の最高値を記録した。
北海道帯広では34℃、全国の178か所の観測地点で30度を超えたという。
そんななか、6日(水)頃には、「関東地方も梅雨入り」になるのではという予報が!

nice!(0)  コメント(0) 

街中散歩!・・夏の花めぐり!

6月にはいって、初夏というよりも真の『夏の暑さ』を感ずる。
身近の花木の花も、夏らしいどぎつい花の色が目立ってきた。
公園などの日陰に、株状の木に咲く黄色の花の軍団(金糸梅)キンシバイ!さいていた。
確かに花びらは、梅の花びらに似ていることからついた名のかな?
ツツジのような株状に群がって咲く姿は夏らしく、徳利状の雄しべは日照りの時の非常食の飲料水か蜜でも貯めておくのだろうか?
  そこで一句575:甘味貯め 徳利飾るや 錦糸梅
IMG_5985.jpg
またこの花と同じようなものに、「ビョウヤナギ」という花がある。
遠くから見ると区別がつかないが、近づいてみるとこちらは(蕊)シベがピーンと立っていて、雄大でもある。
蜜に誘われ子虫が飛び込んだら、抜道が分からず罠にもかかった感覚になるのでは!
  そこで一句575:ビョウヤナギ 蕊の美貌の迷路かな
IMG_6888.jpg
子虫ちゃんたち、きれいな花には「トゲがある!」といわれるので、ご用心!

さてそんな街歩きの最中、民家の玄関わきから「もこもこ」の花が顔を出す・・???
なんのはなだろう?
IMG_6867.jpg
そうだ!・・つい先日、「Blog友・長さんのリタイヤブログ」に、これに類するのを見たことを思いだす。
さっそくWEbで調べてみたら「煙りの木(スモークツリー)」とあった。
なるほど言われてみれば、それらしい雰囲気だが、煙というよりも「綿菓子」か「ふわふわ動物のシッポ」といったほうがお似合いかもよ!
  そこで一句575:もくもくと 煙りくすぶる 夏の午後
IMG_6865.jpg
世の中には、いろいろ面白い花木があるもんですね。

nice!(0)  コメント(0)